チュートリアル・徳井義実の「コンプレックス」が話題

 5日に放送したテレビ朝日系『アメトーーク』で、人気芸人らのコンプレックス話が披露され、ネット上で話題になっている。

 番組では「第1回コンプレックス語ろう会」と題し、MCの雨上がり決死隊をはじめとした芸人らが「足が短い」「目つきが悪い」といった身体に関するコンプレックスや「おしゃれな店に入れない」といった悩みを告白した。

 また、土田晃之は賞レースで一度も勝てなかったくりぃむしちゅーに劣等感を抱いていたと告白。有吉弘行は自身がネタをやらないことから「舞台でネタをやっている人」にコンプレックスを感じると話した。

 そんななか、徳井は「僕はアナルがダメなんですよね」と告白。「『アメトーーク』とかでも『下ネタ大好き芸人』で呼ばれているのに、アナルダメっていうのがコンプレックスなんですよ」と明かした。

 すると、有吉の「ちょっとやってみます?」という言葉をきっかけに、劇団ひとりが徳井のアナルに指を入れるいう事態に。ひとりは、四つん這いになった徳井のズボンを脱がし、嬉々として指を挿入。しかし、その瞬間、画面は綺麗な花の映像とともに「※さすがに音声のみでご了承ください」と言うテロップが表示され「放送自粛」となり、「アッーー!! 無理ーーっ!」と言う音声だけが響いた。

 画面が元に戻ると、あおむけに倒れて苦痛に顔をゆがめた徳井の姿が映され、スタジオは大きな笑いに包まれていた。宮迫博之は「あーお腹痛い、これ午前3時くらいの放送だったっけ?」と語った。

 これに対してネット上では「おしゃれな店に入りにくいとか、ホント共感できる」「あんな面白い芸人さんでさえコンプレックスあるのかと思うと安心する」といったコメントのほか、「アメトークで徳井のアナル攻め放送してるwwwwwwwwwwww」と過激な内容を楽しむ声が寄せられた。

関連リンク

  • 12/6 17:50
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます