「AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会」優勝は松井珠理奈

 「AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会」が18日に行われ、SKE48の松井珠理奈がすべて「パー」で勝ち上がり、劇的な優勝を果たした。

 松井は、6月に実施された「AKB48選抜総選挙」で6位にランクインした非常に人気の高いメンバー。インターネット上では「SKEのエース最高や(^o^)丿」「運も実力も持ってる」と喜びの声であふれた。

 しかし、一方であまりにもドラマチックな展開に「八百長」を疑う声も。じゃんけん形式での選抜は今回で4回目であり、第1回目は無名だった内田眞由美が優勝したが、第2回目は篠田麻里子、第3回目は島崎遥香と人気メンバーが続いたことから、ファンの一部では論争も繰り広げられた。

 じゃんけん大会終了直後には、HKT48の下野由貴が「じゅりなさんがセンターって、また八百長疑惑出そうなくらい凄すぎる!」とコメント。誤解を招く表現であったことから、すぐに書き込みを削除して謝罪する一幕も。
ファンからは「しなもんが言いたかったことちゃんとわかってる」「揚げ足を取りたい人たちがネット上で騒いでるだけ」とフォローが相次いだ。

 ネット上では、すでに来年の大会についても話題となっており「次回のじゃんけん大会はオールグー出した子がセンターになるのか」という声や、下野に対しても「来年はしなもんがセンター」という応援が寄せられている。

※画像はSKE48公式ブログより

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/20 11:03
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます