「子どものあそび場付き」ハローワーク

 厚生労働省は、来年度に子育て中の女性の「再就職支援機関」を拡充すると決定しました。これには、経済成長に向けて女性の力をさらに活用する狙いがあります。そのため「マザーズハローワーク」「マザーズコーナー」の増設と「就職支援ナビゲーター」数を増員するプランが掲げられています。

 「マザーズハローワーク」は名前の通り、母親向けのハローワークです。主に、出産・育児を契機に離職した母親が、再就職先を探す手助けをします。母親が対象となるため、ベビーカーが通りやすいように通路が広くなっていたり、相談中に子どもを遊ばせておけるチャイルドコーナーがあったりと、子連れでも通いやすいように工夫が施されています。また、就職ナビゲーターと呼ばれる専門の相談員が在籍しており、この相談員との個別相談によって、書類の書き方や面接対策を積み、3か月間のプログラムで就職を目指します。

 このようにターゲットを絞った就職支援機関には、他にも若者向けの「地域若者サポートステーション」などがあります。皆さんの周りに対象となる方がいれば、これらの機関のことを知らせてみてはいかがでしょうか。

(NPO法人YouthCreate)

関連リンク

  • 9/17 19:28
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます