元SHAZNAのIZAM、キャラが定まらず迷走中

 15日に放送した日本テレビ系『有吉反省会』に出演した歌手・タレントのIZAMが「自分がどうなりたいのか方向性を完全に見失ってしまった」と、真剣に悩んでいることを明かした。

 1997年にビジュアル系バンド「SHAZNA」のボーカルとして女装キャラで大ブレーク。しかし、ブームが去った後は女装を封印し、芸能界での生き残りをかけて様々なキャラを試していくことになったという。

 IZAMは「料理好きキャラ」としての準備を進めていた矢先、速水もこみちが『ZIP!』の料理コーナーで大ブレークしたため見送ったという残念な裏話を披露。「イクメンキャラ」を目指した際にはベストファーザー賞の事務局には自ら偽名を使って「IZAMさん、頑張っているのになぜ賞をとれないのですか?」と問い合わせたことも告白した。また、昨年は原点回帰のため後輩バンド・メガマソのPVで女装に挑戦したが、妻に「振り出しに戻るのか」「子どもが動揺します」と酷評されたという。

 これに対してインターネット上では「混迷している現状が悲しい」と嘆く声がある一方で「IZAMって存在だけで笑えるわ」という声も上がった。

関連リンク

  • 9/17 18:36
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます