「驚異の社交性」で何でも手なずける千原せいじ

 15日に放送したフジテレビ系『笑っていいとも! 増刊号』で、お笑いコンビ・千原兄弟の千原せいじが、野生動物との交流体験を語った。

 せいじは、初対面の人ともすぐに仲良くなる「驚異の社交性」の持ち主。旅先でマサイ族とも民族の壁を越えて即座に打ち解けるという。ある日せいじがロケ先で、非常に賢いと言われる「カニクイザル」を探しに行った。警戒したカニクイザルが逃げ出さないか心配されていたが、せいじが牡蠣を割ってサルに渡したところ、サルは素直にそれを受け取ったばかりか、気付いたときにはせいじの後ろにサルの行列ができていたという。

 このエピソードに対してインターネット上では「動物にまであのコミュ能力通じるのかw」と驚く声のほか「ポストムツゴロウさんだな」とせいじの社交性の高さに驚くコメントが上がった。

関連リンク

  • 9/17 18:34
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます