有吉弘行が「生涯一番恥ずかしい恋愛体験」を告白

 11日に放送したテレビ朝日系『マツコ&有吉の怒り新党』で、有吉弘行が「最も恥ずかしい恋愛エピソード」を告白し、スタジオが騒然となった。

 同番組に寄せられた「恋愛で、くさいセリフや恥ずかしい行動をされると冷めてしまう」という投稿の流れから、有吉は20歳の時に体験した恋愛エピソードを披露。当時の彼女は二股をかけており、もう一人の彼氏と鉢合わせになったことがあると明かした。

 有吉が二股相手と大喧嘩をしていると、見かねた彼女が家を飛び出してしまったため、さっきまで言い争っていた二人は「一番最悪の事態とかあるんじゃないかと思って」彼女を探し回ったという。しばらくして、彼女が女友達の家にいることが判明。汗だくで街中を探し回っていた二人は「良かったな」と話しながら、バーボンを買って上半身裸でラッパ飲みをして、すっかり和解ムードになったとのこと。

 有吉は「(相手から)お前に譲るよみたいなこと言われて、そうかじゃあ俺大切にするわ、みたいな」と当時のやりとりを振り返って「これ一番恥ずかしいやつ」と語った。それに対してマツコは「あんた。結構ハード目のやってんじゃん」と驚いた様子だった。

 インターネット上では「有吉、いい恋愛してるな」「有吉可愛かったwww」「トレンディドラマみたいだなぁ」などと、普段毒舌の有吉のキャラクターとのギャップに好意的な意見が上がった。

関連リンク

  • 9/13 11:08
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます