「キャラ崩壊」ボビー・オロゴンの意外な一面に動揺

 9日に放送した日本テレビ系『有吉ゼミ 祝!開講2時間スペシャル』で、川合俊一、ボビー・オロゴン、松居一代がそれぞれ、株、日経平均先物、不動産債券で、大儲けしている様子が放送された。

 元バレーボール選手・川合俊一は、5カ月間密着したVTRで、1日で30万円稼いで六本木で豪遊したり、600万円損して落ち込んだりしている様子が公開された。川合はこれまでアベノミクスにより「高級車今年は2台分くらい。ドイツ車だったら一番いいやつ1台くらい」稼いだと告白した。

 女優・松居一代は、日本を始めアメリカやブラジルの不動産債券に億単位で購入。アベノミクスにより、マンション4戸分儲けたという。松居はお金を「お金ちゃん」と呼び、財布を布団に寝かせていると告白。

 またタレントのボビー・オロゴンは、片言で話すキャラクターを忘れて「円が強くなれば輸出関連の会社は若干下げてくるから、その辺を読んで」と饒舌に話し、iPadで取引に没頭。取材日には12万円儲けたが、2時間で100万円損した経験もあると明かした。

 大金持ちタレントたちの告白にスタジオでは動揺が走る中、インターネット上では「これからは貯金じゃなくて投資だな」「私もこんな風に稼ぎたい」などと大儲けしている芸能人を羨む意見が上がる一方、「株で大損した芸能人も取り上げたほうが」「これに釣られて大損する人もいそう」と、安易な稼ぎ方に注意を促す意見も上がった。

関連リンク

  • 9/11 18:09
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます