NHKの報道番組で放送事故!? しかしネットではなぜか「カワイイ」

 9日に放送したNHK『クローズアップ現代』で、生放送中の画面に番組スタッフが映り込んでしまう「放送事故」が起こった。

 番組放送中、スタジオゲストの法政大学・山本浩教授が紹介されている際に、女性スタッフがその背後をうっかり横切ってしまったのだ。「しまった」という表情を浮かべ、急いで通り抜ける姿が映し出されると、インターネット上では騒然となった。

 『クローズアップ現代』と言えば、NHKのゴールデンタイムを支える硬派な報道番組。この夜も「オリンピックはこうして決まった」と題して、ブエノスアイレス滞在中の東京招致委員会理事長・竹田恒和氏に中継をつなぎ、五輪招致活動の舞台裏を追っていた。

 そんな番組で起こった放送事故だったため、放送直後からネットには当該シーンの動画やgif画像がアップされる事態となった。

 しかし、寄せられたのは温かい反応ばかり。見る人をほっこりさせてくれる"癒やし動画"のような扱いになっている。

「入ってきかたがナチュラル過ぎ」
「映った瞬間やべっ!ってジェスチャーしてて可愛かった」
「すばらしく完璧な『やばっ』て表情」
「この子めっちゃ怒られたんやろな かわいそうに」
「しぐさが可愛かったので、上司の方ゆるしてやってくださいなw」
「始末書?? MVPだろ」

 など、女性スタッフに対する擁護や激励のコメントが並んだ。東京五輪が決定した祝杯ムードも、女性スタッフへの好印象を後押ししたのかもしれない。

関連リンク

  • 9/10 17:00
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます