『アカン警察』打ち切り、ネット上では論争に

 ダウンタウンが司会を務めるフジテレビ系『爆笑!大日本アカン警察』が8日の放送で最終回を迎えた。TBS系の『リンカーン』に続き、ダウンタウンのレギュラー番組終了は今秋で2本目になる。

 インターネット上では、「もうダウンタウンも限界かな」「二人とも丸くなりすぎて最近では全然面白くない」などと、ダウンタウンの人気急落が番組を打ち切りに追い込んだとする意見もあるが、一方で「ダウンタウンは別に悪くない。企画や作家やプロデューサーがダメなんじゃないか?」「ダウンタウンが面白く無いんじゃない。企画が全然良くないから視聴率が下がる」など、局や制作サイドの責任を問うとともに、本人たちには同情する声が集まっている。

 また、「終わっちゃったなぁ。毎週楽しみにしていたから寂しい(;;)」「アカン警察も終わるのぉ((((;゜Д゜)))))))ダウンタウン好きなのに!!」と、同番組終了を純粋に惜しむ声も多い。

 『アカン警察』の後番組は、引き続きダウンタウンがMCを務めるバラエティー番組(タイトル未定)になる予定だ。

関連リンク

  • 9/9 18:16
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます