「紅の豚」急きょ放送に賛否両論

 6日に放送した日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で、当初の『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』を放送する予定を変更して宮崎駿監督の『紅の豚』を放送した。これは同日発表した宮崎監督の長編映画からの引退会見を受けてのもの。

 今回放送した『紅の豚』は、作中に飛行機エンジニアが登場することや、登場人物の喫煙シーンが多いことなどから、宮崎監督の最新作品となる『風立ちぬ』との類似点が指摘されている。放送に対してインターネット上では「『紅の豚』と『風立ちぬ』と絡めて書いてある文章があったら読みたい」「ポルコを宮崎駿自身と思って観ると違った面白さがある」など、ジブリ映画の思い出を噛み締める意見が飛び交っていた。

 しかし一方で「ウルヴァリン楽しみにしてたのに延期って何よ!」など、一部の映画ファンからは怒りの声もあがっていた。なお、当初予定されていた『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』は、13日の『全国高等学校クイズ選手権』を挟んで翌週の20日に放送される予定。

関連リンク

  • 9/10 1:30
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます