ロンブー淳が「待機児童」問題を取材

拡大画像を見る

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、有料Webマガジン『Magalry』の企画で、待機児童問題について取材を行った。

 淳は「横浜市が待機児童ゼロへ」というニュースについて、以前ツイッターでつぶやいたところ「本当のゼロじゃない、何にもわかんねえくせに言うんじゃねえ!」「今度は保育士が足りなくて別の問題が発生してるんだよ!」など、様々な批判が飛んできたという。そこで今回、「そこまで言われたからには、ちゃんと本当のことを知りたい」と、取材に至った経緯を明かした。

 はじめに、淳は元東京都議会議員の伊藤ゆう氏から待機児童問題のレクチャーを受けることに。保育園には、認可保育園・認証保育園・無認可保育園の3種類があることや、多くの親が希望の保育園に子どもを預けているわけではないことなど、知らないことばかり。「要は保育園の数が足りないんでしょ?」という淳の認識とは裏腹に、保育園の問題点が次々と明らかになっていく。また、保育園が赤ちゃんを預かるためには莫大なコストがかかるという。その驚きの値段とは?

 さらに、淳は実際に保育園にも足を運んでみることに。「読者と一緒に勉強できればいいなと思ってます」という言葉通り、一から保育園の実態を徹底レポートしている。

関連リンク

  • 8/27 17:45
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます