『神様のメモ帳』作者、匿名での中傷がバレて謝罪

拡大画像を見る

 『神様のメモ帳』の作者で知られる小説家・杉井光氏が27日、匿名掲示板「2ちゃんねる」の書き込みについて、自身の公式サイトで謝罪した。

 「2ちゃんねる」では一部の利用者の個人情報が流出、杉井氏が同業者や版元を誹謗中傷していたことも判明した。

 杉井氏は「お詫びのしようもありませんが、中傷を行った作家先生方、荒れを招くこととなったスレの住人の方々、出版社などご迷惑をおかけした関係各位、ならびに読者の皆様に深く陳謝申し上げます」と謝罪するともに「この件は過失ではないので、お詫びして済む問題ではないと自覚しております」と述べている。

 この謝罪に対してインターネット上では「ファンだったが流石にこれは引く」とショックを受ける声のほか「実名でやってればある種のカリスマになれたかもしれないのに」と惜しむ感想などが寄せられた。

※画像は公式サイトより

関連リンク

  • 8/27 17:09
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます