<第13日>甲子園バックネット裏の住人・ラガーさんが語る今日のみどころ!

拡大画像を見る

 甲子園大会中、毎日お届けするバックネット裏の住人・ラガーさんの「今日の見どころ」。大会13日目、遂に準決勝を迎えた甲子園・バックネット裏のラガーさんから、現地ならではの注目点を紹介する。


※ラガーさんが甲子園を斬る! 汗と徹夜のバックネット裏観戦記はこちらでチェック!
     *   *   *

 おはようございます。ラガーさんです、はい。
 いよいよ準決勝です。正直、大会前には予想もできなかった4チームが残ったね。こういう先が見えない展開がラガーさんは大好きです。それじゃ今日も、準決勝2試合の「ラガーさん的注目点」を3つ4つ喋っていくよ。

【ラガーさんチェック~第1試合:日大山形(山形)vs前橋育英(群馬)~勢いの日大山形か、高橋光成の前橋育英か】

 両チームとも準々決勝は、優勝経験のある強豪校を相手に逆転勝利。いい流れができてるよね。どちらかというと日大山形の方が勢いある気がするよ。日大三、作新学院、明徳義塾という強豪校を立て続けに破ってきたわけだからね。ここまで一人で投げ抜いてきた庄司瑞投手は我慢のピッチングが光るね。打線も明徳義塾の岸潤一郎投手から終盤の勝負所で連打したのがスゴい。4番の奥村展征選手も三塁打を打って、勝負強いところを見せてくれたよ。

 対する前橋育英は、やっぱり高橋光成投手に注目だよね。準々決勝は途中からの登板だったけど圧巻のピッチングだったね。特にタテの変化がスゴかったよ。9回裏には同点打も打つし、彼は"持ってる"よねぇ。

 これはもう、激闘だね。勢いだと日大山形の気がするけど、休養日を挟んだことでその勢いがどうなるのか。高橋君も1日体を休めたことで、さらにすごいピッチングをするかもしれないしね。僅差の戦いになるだろうけど、ラガーさんはズバリ、紙一重で前橋育英有利なんじゃないかと思ってるよ。

【ラガーさんチェック~第2試合:花巻東(岩手)vs延岡学園(宮崎)~花巻東・千葉、延岡学園・岩重、打線に火をつけるのはどっち?】

 両校とも、継投策で勝ち上がってきたチームだね。どのピッチャーも粘り強くて、それだけに予想が難しいんだよ。

 この継投をどうやって打ち崩すか、というのがテーマだよね。そうなってくると、延岡学園としては4番の岩重章仁選手がキーマンだよね。準々決勝でも二塁打はあったけど、チームを盛り上げる一発が欲しいね。

 対する花巻東は、やっぱり千葉翔太選手だね。あのファウル打ちはスゴいよ。背も低くて、左バッターで、カットしまくって、ピッチャーが投げにくそうにしてるのがラガーさんのところからはよく見えるよ。彼はチームに元気を与える存在だから、彼が出塁できるかどうかが鍵になるよね。

 この試合も接戦間違いなし。1点差か2点差か...ね。ラガーさん的には花巻東が有利なんじゃないかと思っています。


 ラガーさんの決勝戦の予想はズバリ、前橋育英と花巻東だけど、真逆になるかもしれないよ。それだけ予想が難しい2試合です。観戦するには楽しいけどね。それじゃまた、決勝戦当日にお会いしましょう!

     *   *   *

※『週刊野球太郎』は、auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。

関連リンク

  • 8/21 0:25
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます