精神的な強さを養う? 過去を賑わした"トンデモ練習法"3連発!

 今大会は雨の影響もなく順調に日程を消化し、気付けば準決勝と決勝を残すのみとなった。本日は大会史上初めて導入された"休養日"。2日間で行っていた準々決勝を1日で消化して翌日を完全休養日とし、連戦は最大で「2」となることで、連投で負担の大きい高校生投手には大きな"休養日"となるのだ。特に今年は記録的な猛暑日が続いていることもあり、投手のみならず野手にとっても恵みの"休養日"だろう。

 しかしながら"休養日"など無かった時代のほうが長いわけで、夏真っ盛りに行われる甲子園大会で戦うには「相手に勝つ前に、暑さに勝つ」といった"精神的に強くなる"姿勢が大事にされてきた。真夏のクソ暑い中、グラウンドで必死にノックを何百本も受けるなど、猛特訓するのはそういった"精神的な強さ"を鍛えるためのものだろう。高校野球にはそういった"特訓"や"猛練習"がつきものだが、過去にあった"トンデモ練習法"にクローズアップしてみた。詳細はスマホ版「週刊野球太郎」の「高校野球ジャーナル」に詳しいが、ほんの一例を以下に記そう。

「高校野球ジャーナル」では他にも高校野球のマル秘エピソードが盛りだくさん!
     *   *   *

【明治時代:高すぎるプライド! 旧制一高野球部の異常なまでの負けず嫌いから生み出された決まりとは?】

 野球というスポーツが初めて日本に上陸した明治初期、各学校では次々と野球部が創部された。なかでも現在の東京大学教育学部の前身である旧制一高は自前で野球専用グラウンドを所有し、日本を代表する学力を誇る同校は、野球に関しても日本ナンバーワンでなければならなかった。そんな旧制一高の野球部では他の野球部に負けるまいと、猛練習が行われていたという。

 特に驚くエピソードは、投球練習のし過ぎで右腕が曲がってしまった投手は桜の木の枝に腕を吊して、曲がった腕を真っ直ぐに治すといった荒療治を行っていたそうだ。そこまでやるなら腕が曲がるまで投げなければよいと思うのだが...。

【大正時代:余計なお世話丸出しの野球部先輩が課した猛練習とは?】

 そんな無敵の旧制一高の野球部に追いつけ追い越せと、各地方でも野球熱は高まっていたのが大正時代初期。なかでも1917(大正6)年に行われた第3回夏の甲子園大会で優勝した愛知県の愛知一中には鬼のような野球部OBがいて、連日連夜に渡り後輩たちをシゴいていたそうだ。そのOBはなんとお寺の和尚さんで、伊藤寛一という人物。後輩たちに素手でキャッチボールをさせて、冬場はアカギレなどで血が噴き出し、ユニフォームが真っ赤に染まったという...。

【昭和初期:知る人ぞ知る! 伝説となった野球の練習を超えた広島商の練習方法とは?】

 最後は知っている人は知っているであろう、広島商の練習方法を紹介しよう。のちにプロ野球団の監督も務めた石本秀一監督率いる広島商では、日本刀の刃を上に向けて、その上を素足で歩くという"精神鍛錬"の練習が行われていたそうだ。その石本監督曰く「気合いがあれば痛いことはない」と、もはや野球の練習とはいえない、わけのわからない練習が行われていたとのこと。ちなみにこの練習が役立ったのかは不明だが、広島商は1929(昭和4)年の第15回大会で見事、全国制覇を成し遂げたのだった。

 上記にあげた練習を体験していた当時の球児たちが"休養日"ができたことを知ったら、何を思うだろうか...。いずれにせよ、よい子の皆さんは決してこんな練習を真似しないように!

※『週刊野球太郎』は、auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。

関連リンク

  • 8/20 1:04
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます