高校球児のおしゃれポイントはまゆ毛!?

 高校球児といえば、昔も今も丸刈りが主流。髪を伸ばすことが許されない(?)彼らにとって、まゆ毛は数少ないおしゃれポイントとなる。球児の顔をよく見てみると、きれいに手入れされたまゆ毛を見つけることができるはずだ。

そんな中で、誰よりも「高校球児らしいまゆ毛」にこだわりをもつ高校があった。それは2011年の夏にベスト16まで勝ち進んだ能代商(秋田)だ。まゆ毛をいじる選手は野球に打ち込めていないという考えから、部内には「まゆ毛をいじらない」というルールが存在しており、逆に対戦校にまゆ毛をいじっている選手がいると、「おれたちは全員まゆ毛があるから勝てる」と自信を強めたという。

本年度から、能代商は統合により「能代松陽」と名称を変更。統合後初の夏は惜しくも予選敗退となってしまったが、誰よりもこだわりをもつ「ゲジゲジまゆ毛」を再び甲子園で見られる日に期待したい。

関連リンク

  • 8/19 13:10
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます