156センチの大活躍に話題騒然! 過去にもあった「大甲子園を沸かせた小さな巨人たち」の伝説

拡大画像を見る

 小さな巨人、大活躍!
 延長戦にもつれこんだ済美vs花巻東。中でも目立っていたのが、今大会最も低身長(156センチ)の花巻東・千葉翔太選手だ。内野5人の変則シフトの上をいくライトオーバーの三塁打など、3安打の大活躍だった。

 今大会では他にも、168センチの小さな大エース・樟南の山下敦大投手、日川の169センチ・三枝龍史投手も素晴らしい投球を見せてくれた。トレーニング論や栄養学の進化で、190センチ台の選手も珍しくなくなった近年の高校球児の中で、こうした"小兵選手"の活躍はなんだか嬉しくなってくる。

 そこで、スマホマガジン『週刊野球太郎』編集部の協力のもと、甲子園で躍動した過去の「小さな巨人たち」の伝説を振り返ってみた。


「高校野球ジャーナル」では他にも球児にまつわる伝説が盛りだくさん!
     *   *   *

【157センチ/元祖 小さな大投手 光沢毅投手/飯田長姫】

 1954(昭和29)年春、飯田長姫のエースとして大活躍したのが、身長157センチの「小さな大投手」光沢毅投手。4試合でわずかに1失点という快投で長野県勢初のセンバツ大会優勝に導いた。

【165センチ/悲運の小さな大投手・ 田村隆寿投手/磐城】

 二代目小さな大投手は、1971(昭和46)年夏に準優勝した田村隆寿投手。準決勝まですべて完封勝利も、決勝では0-1で桐蔭学園に惜敗。甲子園で初めて許した1点に泣いた。後に安積商、母校・磐城を甲子園に導くなど、指導者としても活躍した。

【167センチ/プロでも活躍の小さな巨人 石川雅規投手/秋田商】

 三代目が、1997(平成9)年夏に出場した石川雅規投手。後にメジャーでも活躍する和田毅(現オリオールズ)と投げ合い、見事勝利。背の低い選手はプロに指名されにくいが、石川投手はプロ(ヤクルト)でもコンスタントに勝ち続け、この定説を覆した。

 千葉翔太選手の花巻東は次戦、決勝進出をかけ、大会第13日の準決勝第2試合に登場予定。その大きな活躍を見逃すな!

※『週刊野球太郎』は、auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。

関連リンク

  • 8/19 6:59
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます