好投手同士の対決-前橋育英VS常総学院のみどころ

前橋育英(群馬・初出場)VS常総学院(2年連続15回目)

▼前橋育英の戦績
1回戦 ○1-0 岩国商
2回戦 ○1-0 樟南
3回戦 ○7-1 横浜

強豪・横浜に対し、1番・工藤、2番・田村の連続本塁打を含む12安打7得点で快勝した前橋育英。群馬県勢では10年ぶりにベスト8進出を決めた。投げてはエースの高橋光成が、8安打5奪三振1失点で完投。スライダーとフォークが要所で決まり、横浜打線に的を絞らせなかった。打線では、小川が10打数5安打、工藤が12打数5安打と当たっている。高橋は11打数4安打と打撃でもチームに貢献している。

▼常総学院の戦績
1回戦 ○6-0 北照
2回戦 ○4-1 仙台育英
3回戦 ○9-1 福井商

眼龍と内田の本塁打を含む17安打で9点を奪い、福井商に快勝した常総学院。全国制覇した03年以来のベスト8だ。今大会、打率.333、2本塁打の主将・内田が4番にどっかりと座っているのは心強い。3番・進藤は打率.417、5番・池沢は打率.400と内田を支える3、5番も当たっている。投げてはエースの飯田が3試合連続完投。ツーシームを低めに集め、ゴロを打たせるピッチングにもキレが増してきた。しかし、連投となることから茨城大会で登板した秋葉や坂本の出番もあるかもしれない。

関連リンク

  • 8/19 0:31
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます