富山県勢40年ぶりの快挙なるか-富山第一VS木更津総合のみどころ

富山第一(富山・初出場)VS木更津総合(千葉・2年連続4回目)

▼富山第一の戦績
2回戦 ○5-0 秋田商

甲子園初出場で初勝利をあげた富山第一。右腕エース・宮本が、秋田商打線を7安打、10個の三振を奪い完封した。1、8回以外は毎回走者を背負ったが、粘りのピッチングを見せた。打線は、2ケタの12安打。7回に4連打で2点を奪うなど、勝負所での強さが目立った。2番・西田、3番・黒田が2安打。6番・藤井が3安打と当たっている。73年の富山商以来、富山県勢は夏の甲子園で2勝あげていないが、富山第一はどうか。

▼木更津総合の戦績
1回戦 ○7-5 上田西
2回戦 ○3-1 西脇工

2回戦、先発した2年生エースの千葉が右肩痛のため、打者1人6球を投げただけで降板した。緊急登板となった3年生の笈川が快投を見せた。9回まで投げ切り2失点。全117球中81球がスライダーと2種類のスライダーを低めに集め、西脇工打線を抑えた。千葉の登板は難しいだろうから、笈川や千葉大会で2試合に登板した那須の登板もあるだろう。攻撃では、1番の東が甲子園で8打数4安打と当たっている。3回戦も東の出塁がカギとなる。

関連リンク

  • 8/18 0:30
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます