りんご旋風は起こるのか-聖愛VS延岡学園のみどころ

弘前学院聖愛(青森・初出場)VS延岡学園(宮崎・3年ぶり7回目)

▼聖愛の戦績
1回戦 ○6-0 玉野光南
2回戦 ○4-3 沖縄尚学
初出場ながら2試合連続2ケタ安打で勝ち上がり、旋風を巻き起こしつつある聖愛。右サイドハンドのエース・小野が2試合連続で完投している。小野は甲子園で18イニング投げ9奪三振と力で抑え込むタイプではないが、浮くスライダーと沈むスライダーを投げ分け打者を打ち取る。打線では、3番の一戸が8打数4安打、4番の成田が7打数4安打と中軸に当たりがあるのは心強い。

▼延岡学園の戦績
2回戦 ○4-2 自由ケ丘
九州勢同士の接戦を制し、3回戦に進出した延岡学園。1点を追う5回、1番・梶原の二塁打を足がかりに3番・坂元のタイムリーで同点とし、5番・浜田の二塁打で勝ち越した。浜田は7回にもタイムリーを放ち、チームの勝利に貢献した。投手陣は、宮崎大会同様に奈須から横瀬の継投がはまった。3回戦も継投のタイミングがカギとなりそうだ。

関連リンク

  • 8/18 0:19
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます