完封したエース同士の対決-前橋育英VS樟南のみどころ

前橋育英(群馬・初出場)VS樟南(鹿児島・4年ぶり18回目)

▼前橋育英の戦績
1回戦 ○1-0 岩国商

岩国商との1回戦では、右腕エース高橋光成(こうな)の快投が光った。3回から6回にかけて9者連続を含む13個の三振を奪い5安打完封。9者連続三振は、昨年松井裕樹(桐光学園)がマークした10者連続三振に次いで大会史上2位。右投手では史上最多。最速145キロの速球とスライダーで岩国商打線を翻ろうした。野手陣では、1番・工藤と3番・土屋が2安打と当たっている。守っても無失策とエースを盛り立てた。

▼樟南の戦績
1回戦 ○1-0 佐世保実
左腕エース・山下が佐世保実を5安打完封し、1回戦を突破した樟南。山下は6四死球と制球に苦しんだが、緩い変化球を巧みに使った。併殺を含むゴロアウトは15、フライアウト4。攻撃では決勝点のスクイズを含む7犠打と確実に走者を進めた。8番・大谷が3安打と当たっている。

関連リンク

  • 8/16 2:29
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます