【終戦記念日】今では考えられない事態が続出! 戦前戦後の甲子園は大混乱だった

 8月15日は終戦記念日。熱戦が続く甲子園大会も、正午になると試合が一時中断されて戦没者への黙祷をささげることが恒例となっている。

 夏の甲子園と戦争の関係は思った以上に深い。第二次世界大戦が始まる直前からその影響を受けて大会が中止になったり、戦後は野球どころではない状態でも関係者の熱意ある行動によって開催にこぎつけたりなど、あまり知られていない話がたくさんあるのだ。当時の資料などを元に、スマホサイト『週刊野球太郎』編集部の協力を得て当時の隠された"秘話"を調べてみた。

高校野球のあっと驚く意外な話が満載!「高校野球ジャーナル・2013夏」
     *   *   *


【1941(昭和16)年:理由は明かされずに夏の甲子園が突然の中止】

 第27回夏の甲子園大会も例年通り、8月13日開幕の本大会出場をかけて各地方大会が行われていた。ところが、1937(昭和12)年より始まった日中戦争の戦局が深刻になり、国民生活にも様々な規制が与えられるようになった。

 そして7月中旬、文部省次官通達ということで「学生生徒のスポーツの全国大会を禁止する」ことになってしまった。ほとんどの地方で予選が行われていた最中で大会中止の発表があったのだから、選手や関係者の落胆ぶりは想像に難くない。

 しかもその禁止にする理由はハッキリと明かされなかったという。これは戦争に絡んだ情報を外部に流さないようにする「防諜施策」の一環だったのだ。本当の理由はこの年の夏、満州で大規模な軍事演習を行うために日本全国で大規模な交通規制を行う必要があったそうで、たまたま夏に行われる甲子園大会とタイミングが重なったために甲子園大会は犠牲になってしまった。

【1942(昭和17)年:"幻の大会"が開催! しかし優勝しても表彰状1枚だけ!?】

 日中戦争は第二次世界大戦と名を変え、ますます戦況が激しくなってきた1942(昭和17)年、学生野球界には大変動が起きた。春のセンバツも夏の甲子園大会も文部省の指令で中止となり、代わりに「青年学校体育大会」と名称を変えて開催されたのだった。

 ユニフォームからローマ字が消えて校名が漢字表記に強制されるなど、次第に戦時色が強くなり、主催も朝日新聞社から文部省と学徒体育振興会に替わったことで、この年の大会の記録は高校野球大会の歴史には載っていない。

 そんな状況だったが甲子園の人気は相変わらず高く、連日満員の観衆が駆けつけた。雨の影響で準決勝と決勝を1日で強行するなどの悪条件のなか優勝したのは徳島商。しかしながら優勝旗もなく、文部省からの表彰状が1枚渡されただけだったという。

 その後は戦況の悪化とともに野球は"敵性スポーツ"とみなされ、選手たちは自然と野球から離れていった。そして戦地へと飛ばされ、多くの野球選手が帰らぬ人となってしまったのだった。

【1946(昭和21)年:暗黒の時代を経て、食料も道具も無いなかで甲子園大会再開】

 1942(昭和17)年の文部省主催の全国大会を最後に日本の野球大会は全て中止となり、日本は1945(昭和20)年8月15日の終戦を迎えた。野球どころではなかった暗黒時代を乗り越え、戦後第1回目となる第28回夏の甲子園大会が開催されたのは1946(昭和21)年8月15日と、敗戦からちょうど1年後のこと。実は甲子園球場は米国の占領軍に接収されて使用できなかったので、西宮球場で行われたのだった。

 しかしながら、どのチームもバットもない、ボールもない、さらには食料もない、という異常な状況。ユニフォームは戦前のモノを真似て選手が自作し、バットはチームに2、3本あれば良いほう。スパイクは普通の靴にサッカー用の靴底を縫い付けて使用したという。西宮球場付近の関西学院大の寮に選手村が作られ、各チームは米などの食料を持参して大会入り。勝ったチームは滞在期間が長くなって食料が底をつくことを心配するなど、現在では考えられない状況で大会は行われた。

【1948(昭和23)年:中絶状態から復興へ! 正式名称も変更される】

 1946(昭和21)年に実施された学制改革によって六・三・三制の学校体系が確立し、中等学校が高等学校に改称された。これを受けて1947(昭和22)年の第29回大会「全国中等学校優勝大会」はこの年で終了。1948(昭和23)年には現在の正式名称である「全国高等学校野球選手権大会」と改められ、第30回大会が行われた。

 戦後3回目の大会も相変わらずの食糧難、道具不足などは続いていた。出場校のナインたちは甲子園球場のスタンドの下の狭い部屋に寝泊まりし、食料を持ち寄るなど"耐乏生活"のなかで連日、甲子園で試合を行ったという。負けたチームは残った食料を勝ったチームに無償で与えるなど、敵同士が助け合いながら大会は行われていったのだった。

 戦前から戦後にかけての"激動"の時代、多くの人々が犠牲になり、そして助け合いがあったからこそ、今の大会があるのだ。夏の甲子園大会で8月15日正午に試合を中断して黙祷を捧げるようになったのは1963(昭和38)年から。サイレンの音が真夏の甲子園球場に響き渡り、選手や監督、そしてスタンドの大観衆も一同に立ち上がって黙祷する...。幼い頃からずっと見てきた光景だが、これからも甲子園大会が続く限り継続して欲しい。

※『週刊野球太郎』は、auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。

関連リンク

  • 8/15 0:37
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます