解散報告の芸人にハーフモデル激怒

 12日に放送した日本テレビ系『芸人報道』で、お笑いコンビ・アンジェリーナが解散を発表した。

 「解散を考えている芸人を呼んで白黒つけようSP!!」と題した企画に、アンジェリーナが登場。ツッコミ担当の真藤幸一は、ボケ役の桃井太一が何もしないことに愛想を尽かしたと告白した。真藤によると、桃井は言われたこと以外何もしようとせず、一発ギャグすら真藤に考えさせているとのこと。また、衣装を忘れるのも日常茶飯事で、連絡が取れない日もあるという。反省を口にしても、態度が変わることはなかったと語った。桃井は「頑張っているつもりもありますが、心当たりもある」と認めた。

 番組中に真藤が解散を宣告すると桃井は「おれ初テレビっすよ」とさすがに慌てる様子を見せた。しかし、桃井に対してゲストのモデル・ラブリは「一回ひとりになって、ちゃんと見つめなおしたほうがいいですよ。芸人というより人として。ちゃんとして本当に」と語気を荒げた。

 これに対してインターネット上では「公開解散はキツイよね」と同情する声のほか「桃井くん、仕方ないからな」とコンビ向きではない性格について指摘するコメントも寄せられた。

関連リンク

  • 8/13 16:54
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます