YOSHIKIは1000万円を寄付!?~芸能人と高校野球~

【田中康夫】
2001年夏の甲子園。長野県知事時代に塚原青雲(現・創造学園)の応援に駆けつけるも、トレードマークの「カモシカ・やっしー」(「タモリ倶楽部」でも有名な安齋肇さんがデザイン)の着ぐるみを応援席に持ち込んだため、大会本部に注意された。

【YOSHIKI(X JAPAN)】
2008年春のセンバツ。母校・安房が甲子園出場を決めた際に、全校応援の費用となる推定1000万円を学校に寄付。自身も応援に駆けつける予定だったが、高野連に「現状の警備体制では対応しきれないので来場を控えてほしい」と伝えられ、現地観戦を断念。やむなく、後輩の姿をTVで観戦した。

【小島よしお】
2012年夏の千葉県大会。母校・稲毛のアルプス席に出没。途中でトレードマークの海パン姿になって大はしゃぎし、「怒られた、けどそんなの関係ねぇ!(笑)」と自身のブログにコメントした。

【渡部健(アンジャッシュ)】
2013年夏の西東京大会。高校野球マニアとして有名な渡部は決勝進出した母校・都日野を神宮球場で観戦。この日は元々高校野球観戦のために空けておいたらしく「母校のために使えた」ことに感激の様子。

関連リンク

  • 8/9 18:35
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます