山路徹氏、不倫騒動をテレビで初告白

 ジャーナリストの山路徹氏が、8日に放送したテレビ東京系『解禁! 暴露ナイト』で、2年前に起きた大桃美代子と麻木久仁子との「二股不倫騒動」について語った。

 山路氏は、何度もミャンマーの取材を行ったことで、現政府からにらまれる存在になっていたという。次の取材で捕まった場合、本名を知られた場合は命の危険もあったことから、麻木が「じゃあ結婚して私の名前になったら?」と申し出てくれたと語った。そこで、パスポートの名前を麻木の本名である「松本」に変更して入国したが、取材現場で拉致監禁される結果に。メディアが山路氏の事件について「山路徹(本名:松本徹)」と報じたことで、再婚が明るみに出たとのことだった。

 この件で、前妻の大桃にも再婚がバレたため、二股騒動に発展したという。司会の河本準一が「(2人との交際は)被ってはいたんですね? ばっちり被ってはいたんですね?」と山路氏を追及すると「そうね~」と小さな声で二股を認めた。

 ユーモアを交え理路整然と語る山路氏に対してインターネット上では「声のトーンとテンポと組み立てがいい」と評価する声のほか「死と隣り合わせの雰囲気が危険な男を演出するんだろうな」などの感想が寄せられた。

関連リンク

  • 8/9 15:40
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます