甲子園で注目はこの激アツ選手!~打者・番外編 二刀流の後継者~

拡大画像を見る

【注目度番外編:二刀流の後継者~エースで4番の岸潤一郎~】
今や二刀流といえば花巻東から日本ハムへ入団した大谷翔平だろう。そんな先駆者の後を継ぐかもしれないのが、昨夏の甲子園で1年生ながら4番を任されマウンドも経験した明徳義塾の岸潤一郎だ。140キロを超えるストレートと、高知大会4試合で5四死球の正確なコントロールが持ち味。まだ2年生と、これからの伸びしろは計り知れない。今夏はもちろん、未来のスター候補としてもぜひ注目してほしい。

『週刊野球太郎』では甲子園を熱くさせる逸材を一人一人細かく紹介!【注目すべき25選手】

関連リンク

  • 8/7 18:35
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます