【代表校紹介】常葉菊川(静岡代表)

常葉菊川(静岡代表)
5年ぶり4回目
最高成績:準優勝 (2008)

静岡大会では、初戦こそ3対2と接戦になったものの、準決勝まで投打がかみ合った堅実な戦いぶりで勝ち上がった。迎えた菊川南陵との決勝は、8回まで0対0の緊迫した展開。チャンスをつかんだのは9回裏、1死二塁から5番・大西がサヨナラ適時打を放ち、「菊川」対決に終止符を打った。

送りバントはほとんどせず、フルスイングで得点を重ねる強力打線は今年も健在。中でも4番に座る松木は、攻守にわたってチームをけん引してきた頼れる主将だ。決勝ではサヨナラにつながる二盗を決めるなど、積極果敢な走塁も光る。

ちなみに、同校は部活動も盛んで、特にダンスドリル部は校内外でさまざまなイベントに参加するなど活発。アルプススタンドの華やかな応援にも注目だ。


<主なOB選手>
田中健二郎(横浜)、門奈哲寛(元巨人)

<主なOB有名人>
---

<地方大会戦績>
静岡大会
2回戦 伊東商 3-2
3回戦 清水桜が丘 4-1
4回戦 富士宮東 14-2(5回コールド)
準々決勝 三島 3-0
準決勝 東海大翔洋 8-2
決勝 菊川南陵 1-0

関連リンク

  • 8/6 17:07
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます