【代表校紹介】上田西(長野県代表)

上田西(長野県代表)
初出場
最高成績:初出場

創部53年目にして初の甲子園出場。県大会は第1シードからスタートすると、3回戦では1対0と苦しみながらもなんとか勝利。その後、準決勝では地球環境、決勝では昨夏の覇者・佐久長聖を破り悲願を達成した。

戦いぶりを振り返ると、初戦以外はすべて2失点以下と守備面の強さが際立つ。特に、投手陣はエースの浦野と柳沢和が走者を出してからも落ち着いた投球で相手を封じる。県大会では、ほか3投手もマウンドを経験するなど、豊富な投手力で強豪校に立ち向かう。

一方の攻撃は、足をからめてチャンスを作る。これを中軸の外谷、佐藤がどれだけものにできるか。初出場・初勝利のカギといえるだろう。

<主なOB選手>
川井雄太(中日)、藤澤亨明(西武)、白倉キッサダー(元タイ代表)

<主なOB有名人>
西沢ヨシノリ(ボクシング)

<地方大会戦績>
長野大会
2回戦 松本第一 5-3
3回戦 阿南 1-0
4回戦 上伊那農 6-1
準々決勝 田川 7-0(7回コールド)
準決勝 地球環境 4-1
決勝 佐久長聖 3-0

関連リンク

  • 8/3 14:56
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます