就寝中に隕石が直撃 頭からわずか数センチの場所に落下し命拾い(カナダ)

拡大画像を見る

カナダのブリティッシュコロンビア州南東部にあるゴールデンに暮らすルース・ハミルトンさん(Ruth Hamilton)は今月4日夜、就寝中に突然轟音が鳴り響いて目を覚ました。

「飛び起きて電気をつけてみましたが、いったい何が起きているのか分からなかったんです。」

そのように当時を振り返るルースさんは、枕元に石のような物や破片が散乱していたのを確認した。屋根には穴が開いており、この物体はどこからか降ってきてルースさんの家の屋根を突き破って落下したようだ。

ルースさんは混乱しつつも、ひとまず緊急連絡先である911に通報した。駆けつけた警察官らは、近くに工事現場があったため「そこから破片か何かが飛んできたのではないか」と推測した。

そこで工事を行っていた会社「Kicking Horse Canyon」に問い合わせたところ、爆破作業などは行っていないという返事だった。だが同社は「空で何かが爆発するような光を目撃した」と証言し、恐らくそれが原因ではないかと話したという。

これによりルースさんの家に落下したのは隕石である可能性が浮上し、オンタリオ州ロンドンにあるウェスタン大学の調査により、落ちてきた物体が本物の隕石であることが確認された。

ルースさんは「当時は誰かが飛び込んできたのか、もしくは銃声かもしれないと考え、恐ろしくて震えました。しかし空から降ってきたものだと分かって安心しましたね」と語っている。

幸いにも隕石はルースさんに直撃することはなかったが、落下したのはルースさんの頭からわずか数センチほどの場所だったといい、それでもケガがなかったことに驚きだ。

ルースさんが隕石を孫に見せると「かっこいいね!」と言ってもらえたそうで、その隕石は大切に取っておくことに決めたという。「これが空から降ってきた星であるという事実に、ただただ驚いています。恐らく何億年も前のものでしょうね」と明かし、今回の珍しい経験が人生観を変えたとルースさんは話す。

「今回のことで人生が貴重なものであり、ベッドの中にいて安全と思っていても、いつ消えてしまうか分からないと考えるようになりました。二度と生きることを当たり前だと思わないようにしたいと思います。」

現在も屋根に穴が開いているというが、ルースさんは「宇宙からの侵略者にもカバーできる保険に入っていることを願いたいですね」と笑ってコメントした。

なお『ナショナルジオグラフィック』によると、隕石の落下確率を算出するのは、落下自体が珍しい事象であるため難しいという。しかし米ルイジアナ州ニューオーリンズにあるテュレーン大学のスティーブン・A・ネルソン教授(Stephen A. Nelson)は、隕石や小惑星、彗星に衝突して死亡する生涯の確率は「160万分の1」と2014年に発表した論文にて明らかにしている。

ちなみに昨年11月にはインドネシアで、庭に落下した隕石が185万ドル(約1億9200万円)の価値があるものだったことが発覚した。ルースさんの家に落ちた隕石の価値は明らかになっていないが、貴重なものである可能性も否定できないようだ。

画像は『Digital Journal 2021年10月11日付「B.C. woman rudely awakened by space rock crashing through roof and landing on her pillow」(CC BY 3.0)』『The Independent 2021年10月12日付「Rock that crashed through roof on to sleeping woman’s bed could have been meteorite, she says」(Ruth Hamilton)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 10/13 15:10
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます