サンド富澤の下事情が占いであらわ!? 「お尻に何か入れちゃダメですよ!」

拡大画像を見る

 9月22日放送の「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)にはサンドウィッチマンと、自分で西洋占星術を勉強しているほど占いが好きだという元NHKアナウンサー・雨宮萌果が参戦した。

 占われる前の心境を別室で聞かれた伊達みきおは「カミさんが大好きで、全部録画して観ているので」と話し、富澤たけしも「うちも嫁さんが大好きですね。ずっとLOCK-ONされています」と同番組に主演する喜びを滲ませていた。

 お年頃の2人は特に健康面が気になるというのだが、伊達は以前に他の占いで病院へ行くように促されていた結果、病気が見つかった経験があったそうだ。

「医者より怖い」と少し弱気なサンドウィッチマンらを占うのは、最強の占い師・星ひとみだ。

 まずは3人の手相をみる星が伊達に「あっもう絶対だ。多分、絶対そうなるんだ。回避しましょうね」と意味深に不安を煽ると、わかりやすくゲスト陣の顔に陰りが出る。

 占いで3人の素性を色々と明かされている途中、星は「伊達さんは本気出せば富士山を抜かせる。伊達みきおは富士山以上」と絶賛するも、全員理解が及ばず戸惑いを隠せない。

 要は「気合が入れば入るほど、必ず大きな山になるタイプ。11~12歳を頑張っていたら東京大学に行っていたかもしれない」と説明を加えた。

 実は祖父が東大卒だという伊達は、その素質があったのかもしれない。

 一方の富澤は「作詞家か漫画家になっていたと思う。そのくらい、スイッチが芸術とか感性」と星に探られると、中学生の時に漫画家を夢見ていたとLOCK ON(=的中)。

 高校の同級生だった2人は、バラバラの道に進んでいたかもしれないが、結果として一緒に成功を手にしている。

「30歳まで鳴かず飛ばずで、伊達さんをお笑いの世界に誘った富澤さんは責任を感じ、病んでいた時期もありました。サンドウィッチマンは、ガラの悪い風貌でありながら癒しの無毒感が良く、その人柄は業界関係者や芸人の間でも愛されていると有名です。地元の東北に所縁のある親善大使やPR大使を数々担っているし、視聴者からも好感度が高いですね。芸人としても、ビートたけしや松本人志などの大物も認める実力ですし、芸能界で“大物”と呼ばれる位置までの道筋は不動のものと期待されています」(芸能レポーター)

 このまま順調そのものかと思えば、占い前に2人が心配していたことが……。

 星は「2021年って1番心配なのが、車の事故。あと同時に、年始から“崩れ”っていうのが占いで表れているから」と伊達に注意を促すと「今年に入って膀胱がんになっているんです」と、1月に手術したことを公表したステージ1の膀胱がんについて話した。

 すると予想外の返答。

「だとしたら、もう1個出てくる。膀胱がんは、気をつけろって知らせてくれる回避のための予兆。本当に徹底して検査してほしい」と強めに注意を促した。

 そして富澤には、お腹が弱い星が入っているというのだが、それに対し伊達は「弱いよ。もう30年下痢だもんね」と照れる本人を横目に、鋭くツッコミを入れる。

 星はお構いなしに続け「お尻の星もっているね。お尻弱いくせに、刺激を求める。お尻に何か入れちゃダメですよ」と聞き捨てならない忠告をしだした。

 動揺を隠すためなのか、苦笑いをしながら冷静を装い「ウォシュレットするのは好きです。中まで綺麗にしたい」と弁解するも、富澤のお尻話にスタジオは終始盛り上がった。

「お尻が舐められるくらい綺麗。本当に綺麗。匂いもしない。湿っている」そう星が畳み掛けると、まるで漫才かのように「マジすか?」「ん?」と隙をみては、タイミングよくツッコむ富澤との掛け合いが繰り広げられた。

「コイツたまに言うんです。なんかお尻がヌルヌルするなとか」と伊達が合いの手LOCK ONを入れると星もすかさず「いつもお尻が梅雨です!」としっかりシメを用意した。

 富澤は顔面を手で覆い隠しながら肩を揺らしていたが、お尻で何かをサンドウィッチしているのだろうか。

  • 9/25 21:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ソフィア

    9/26 19:38

    ウナギ業者の人は穴に栓して作業しないと本当に危ない

記事の無断転載を禁じます