EXIT兼近「引退宣言」、四千頭身後藤「全部間違い」、霜降り明星・粗品「まな板事件と敵ばかり」…「お笑い第七世代」が総崩れ!

拡大画像を見る

 テレビやお笑い界に新しい風を吹かせてきたお笑い第七世代。しかし、9月22日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京)で悩みを吐露した四千頭身・後藤拓実(24)のように、徐々にネガティブな話題も増えてきてしまったという。

「第七世代について“お祭りをやってるように見られがちだけど、そうでもない?”というオードリー・若林正恭(43)の質問に、後藤は“その中心に僕が居ちゃったような気がした”と、自身が高級外車を購入したり、タワマンに引っ越したことについて“全部間違ってました”と後悔する様子を見せたんです。“面白いと思ってこれで行こうと思ってましたけど、全部間違ってました”と断言し、同時に先輩芸人らと壁があることを踏まえて“かわいがられなくて当然”としたんです」(制作会社関係者)

 後藤はダウナーな芸風に反して、高級車のアウディを乗り回したりタワマンに住んだりと実はイケイケ、というアピールを重ねてきた。昨年11月に所属事務所が手掛けるオンライン学校のイベントに登壇した際は、

「偏差値37とかの学校に行っている人でも、今、タワマン(タワーマンション)から来ました」「偏差値37の高校出て、タワマンからアウディで来ました」「夢をね、つかめば、こうなれます。まずはきっかけから」

 と、“夢をかなえた男”を地で行く非常にカッコいい言葉をかけていたこともあった。しかし、これについても「若手を活気づけたかった」つもりだったのが、改めて考えると「調子乗ってるしかなくて……」と後藤は嘆いていた。

「7月4日放送の『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)に出演した際の話では、ブレイク当時は“石油王の感覚”とするくらい金銭感覚がマヒしてしまったのが正常に戻り、現在はこまめに通帳に記帳していることや、居候している後輩・お笑いコンビ“リンダカラー”のデン(27)に“電気つけすぎじゃない? 窓開ければ光は入るから。あと、良い匂いのトイレットペーパーとか買わなくていいから。シングルでいい”と、タワマン族とは思えない会話をしていました」(前同)

■早期リタイヤが危ぶまれているコンビ

 また、早くも引退問題が浮上している人気コンビも出ている。ネオ渋谷系漫才で人気を博しているEXITは、兼近大樹(30)の引退を、りんたろー。(35)が必死で食い止めている現状だという。

「17年当時SCANDALという仮のコンビで結成したのがEXITの始まりなんですが、今年3月7日放送の木村拓哉(48)のラジオ番組『木村拓哉 Flow suppoted by GYAO!』(TOKYO FM)によると、17年当時『M-1グランプリ』で3回戦進出したことから本格的なコンビ結成を決めたりんたろー。に対して、兼近は“もうM-1出たんで大丈夫です”と言っているそうです。“やりたい形でM-1で盛り上がって自分のやったことが正しかったかどうか証明したくて。で、実際コンビ組んでM-1出たらメチャクチャ盛り上がって受けたんでもう満足したんスよ”という理由でした」(女性誌記者)

 兼近には単独で海外の「壊滅的に治安の悪いところ」に行きたい夢があるといい「出口は今、伸ばしている状態なんです」と話すりんたろー。に兼近は「JAPANからEXIT寸前なんですよ」と、木村に話していた。

 昨年2月放送の『ザ・発言X』(日本テレビ系)では“2022年”という具体的な数字まで出ていて、ファンは安心できない状態だ。

■スタッフからの信用を失いつつある霜降り

「スタッフとの関係や、スキャンダルでいうと霜降り明星も危ないかもしれません。以前はせいや(29)が昨年6月に『文春オンライン』で“Zoom飲み中にファンに下半身を露出した”というヤラカシを粗品(28)がラジオで笑いに変えて窮地を救ったこともありましたが、今度は粗品に対する心証がどんどん悪化する事態になっているんです。

“プロは面白いことを言わなきゃ”“ストイックに番組づくりしなきゃ”という熱意が悪い方に向かった感が拭えません。とりわけ“まな板事件”はその最たる例と言えますね……J」(専門誌記者)

 発端となったのはチョコレートプラネット、ハナコによるお笑い番組『新しいカギ』(フジテレビ系)の5月14日に放送されたゲストコーナー「焼肉ソシナ」の収録での出来事。用意されていたまな板を、ADが本番直前に洗剤で洗ったところ、実家が焼き肉屋の粗品は「営業前の焼肉店で、洗剤でまな板を洗うなんてありえない。新しいのを用意して!」と激怒。

 結局、スタッフがまな板を新たに買いに行き、収録が3時間も遅れてしまった、という報道があったが、これを事実と認めたのだ。

「9月10日放送の『新しいカギ』で、まな板の件をイジった今田耕司(55)に対して、粗品は“ネットニュースは8割、9割ウソとか言うじゃないですか? あることないこと書かれてますけどね。あれは全部ホンマです”と白状したんです。

 一連の出来事を粗品も反省しているのか、以前は番組が用意したコントや台本に“これ、ちゃいますねぇ”と指摘し、イチからやり直しをさせる場面がよく目撃されていたのが、『新しいカギ』のADに敬語を使うようになったそうです。“まな板事件”がリークされたのはスタッフからの信用が低いということなので、これからは敵を作らないようにしよう、という心構えなのかもしれません」(前同)

 しかし、爆笑問題と霜降りがMCだった『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)は9月19日に終了。コンビの冠番組『霜降りバラエティ』(テレビ朝日系)は10月から約3時間繰り下げとなり、土曜深夜3時から放送されることに。

「あまりにも霜降りの2人が忙しすぎたので、ちょっとセーブ仕事をセーブする、という意味合いもあるでしょうが、印象としては“落ち目”にみえますよね。これからが正念場だと思います」(前同)

 三者三様に、第七世代は苦しんでいるーー。

関連リンク

  • 9/25 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます