非難ボコボコハリウッド実写版『聖闘士星矢』!主演の新田真剣佑が「それでも成功しそうな5つの理由」

拡大画像を見る

 あの『聖闘士星矢』が、ハリウッドで実写映画化することが決定した。原作は1985年から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載され、86年にアニメ化。海外でも『Knights of the Zodiac』としても広く知られている人気作品だが、主人公である“天馬星座(ペガサス)の星矢”を演じるのが新田真剣佑(24)だと発表され、日本では早くも注目を集めている。

「9月22日配信のWEB版『女性自身』によると、ハリウッド製作の漫画実写映画で日本人が主演を務めるのは史上初。しかもギャラは億超えで、オーディションではなく向こうが直々にオファーしてきたとか。今年国内の俳優活動を休止し、ハリウッドでの活躍を目指して渡米していただけに、気概は十分のはず。期待していいと思うのですが……」(映画ライター=以下同)

 ネットでは、

《北斗の拳よりひどくなりそうだな。》《ドラゴンボールでも失敗してたからなんか心配だわ。キャラデザインが似てるからゴチャゴチャしそう。合掌》《ハリウッドもネタ切れなのか》

 と、ネガティブな意見が目立つ。

「“漫画の実写化”は日本でも荒れがちな話題ですが、ハリウッドでも壮絶な例があります。『ドラゴンボール』の実写映画『ドラゴンボールEVOLUTION』は、原作者の鳥山明本人が13年にアニメ映画『神と神』が公開された際に“『たぶんダメだろうな』と予想していたら本当にダメだった某国の実写映画と大違い”とコメントするほどのレベルの黒歴史ですからね。ただ、今回の『聖闘士星矢』と真剣佑については、大丈夫だと思いますよ」

 まず、原作が『ドラゴンボール』に負けず劣らずの圧倒的海外人気を博している。フランスやイタリアといったヨーロッパ圏、中国やタイといったアジア圏でも人気があり、アメリカでも南米圏での人気が根強い。特にブラジルでは、アニメ版主題歌である「ペガサス幻想」を歌えるファンも珍しくないという。

■ヒーローものも日本原作も、昔よりクオリティが向上している

「それに、『ドラゴンボール』の頃と比べるとハリウッドも変わりました。日本のゲームが原作の『ソニック』や『名探偵ピカチュウ』は原作を見事に実写に昇華していて続編を望む声も多いくらい評価が高い。

 また、マーベル・スタジオによるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)が本格的に『アベンジャーズ』シリーズを筆頭にヒーロー映画を量産していて、今年はMCU初のアジア系ヒーロー『シャン・チー』も上映され、興行収入も世界興収が公開された41カ国中全ての主要国で1位を獲得しています。

 『聖闘士星矢』も、複数の戦士たちが悪に立ち向かう作風なのである意味『アベンジャーズ』に近い部分があると思います」

 真剣佑個人についても、ハリウッド映画自体は18年に『パシフィック・リム:アップライジング』ですでに実績があるし、アメリカ育ちなので言語の壁もない。

 くわえて、日本国内で「漫画の実写映画化」との相性の良さも証明済みだ。直近の代表作が今年4月・6月に前後編で公開された佐藤健(32)主演で同じく少年ジャンプ原作作品の『るろうに剣心 最終章』だったことからも、それが分かる。

「剣心(佐藤)の最恐の敵・雪代縁役で出演した『るろ剣』のアクションシーンも、現地で高く評価されていたようですね。ちなみに、真剣佑は水泳・乗馬・殺陣・空手・レスリングなどなど、数多くのスポーツが得意で運動神経バツグンですが、3月24日に行われた公開記念オンラインイベントによると2018年に大友啓史監督に“この作品でアクションを見せるまで、どこにも見せないでくれ。その代わり、(ここで)全部見せられるようにするから”とお願いされていたそうです。佐藤も“現場での向き合い方が素晴らしかった”“ストイックなんですけど、度が違う。どストイック”と真剣佑を高く買っていました」

 17年に公開された、同じくジャンプ漫画が原作の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』についても、「映画の出来は別として、真剣佑の“虹村億泰”は完ぺきだった」とファンからの評価が高い。

「『ジョジョ』は主人公の東方仗助(山崎賢人)が“ハンバーグ”とバカにされるほどのリーゼントヘアーだったり、現実世界とはとても折り合わないような奇抜なファッションをしたキャラが多い。真剣佑が演じた“億泰”も目つきがかなり悪く、髪型も“頭の両側を刈り上げててっぺん部分にパンチパーマ”という実写で表現するとギャグになりかねない髪型でしたが、真剣佑は文句なしにやれていたんです。この髪型についても、真剣佑の役者としての覚悟が垣間見えるインタビューがあります」

■肌の皮が剥けてもヘアスタイルを決める覚悟

 公開当時の17年7月に『超!アニメディア』が行ったインタビューで、真剣佑はヘアスタイルについて、

《じつは、後ろ髪の飛び出ている部分以外は全部地毛なんです。かなりブリーチをかけたので肌の皮が剥けましたが、こだわったおかげで億泰に近づくことができたと思っています》

 としていた。肌の皮が剥けるまで髪型のセットにこだわるとは、おそろしいほどの役者根性だ。

「それに、第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞してブレイクするキッカケとなった作品も、『BE・LOVE』(講談社)の同名マンガが原作の『ちはやふる』ですからね。当時は“真剣佑”という芸名でしたが、この作品で演じた役名が“綿谷新(わたや・あらた)”だったことから、現在の“新田真剣佑”に芸名を変更しています」

 17年に行われた『ちはやふる』取材会によると、シリーズの原作者・末次由紀に事前に了承をとったうえで、

「『ちはやふる』という映画は僕にとって日本に来てすぐの作品で、まだ経験が浅かった頃に監督や『ちはやふる』との出会いがあり、自分の中で芝居を志すきっかけになった大きな作品です。なので『綿谷新』からとった『アラタ』。つかわせていただきました」

 と改名理由を語っていた。ちなみに知名度が低かった当時は、「真剣・佑」や「真・剣佑」と区切って読むと勘違いする人もネットで多く見られ、「新田」を加えてからも、しばらくは誤読が続いていた。

「最後に、真剣佑の父親で今年8月19日に亡くなった千葉真一さん(享年82)も、アクションスターとして数多くの作品で活躍しただけでなく、ハリウッドでも活躍しました。アカデミー賞が《50年もの間スクリーンで、シンイチ・ソニー・チバは俳優からファイトコレオグラファーに、そして伝説へと進化した》と追悼文をツイッターに公表するほどの知名度を誇ります。真剣佑も、父親の遺志を継いでハリウッドでも活躍してくれることでしょう」

 アニメ版主題歌の歌詞を借りるなら、真剣佑には心の小宇宙(コスモ)を燃やして頑張っていただきたい!

関連リンク

  • 9/24 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます