家族がコロナウイルスに感染! 発症から復帰までの記録【ウチのコロナの話 Vol.1】

本記事は、2021年1月頃の体験談です。時期や地域、ウイルスの種類によって対応が異なる場合があり、すべてのケースに当てはまるものではありません。感染した際は各自治体のルールに基づいて行動してください。
こんにちは、菜ノ花子です。実はわが家のおとん(夫)…コロナに感染したんです。

当時はどうなるのか先が見えず、漫画に描くなんてできる状態じゃありませんでした。でも、おとんも元気になりましたし、わが家が経験したことを公にすることで、なにかちょっとでもお役に立てることがあるのなら…とそんな気持ちで描くことにしました。

誰かを不快にさせないだろうか、など、そんなプレッシャーもあるのですが、参考になることがあれば幸いです。






この漫画のようなやりとりがあったのは発症2、3日目あたりだったのですが、自分がこれからどうなるかも分からない中で「漫画に描いていいからね」と発言をするおとんは、やっぱりメンタルが鬼強いと思いました。







コロナのキツさは夫本人しか語れないので、私は私が語れることを描いていこうと思います。

夫の発症から復帰までの流れと、その期間に経験したこと、知ったことなど、濃厚接触者になった私たちの視点・暮らしに重きをおいた内容になるかと思います。

※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。
※この体験記の時期とは、ウイルスの種類や感染力も変化している可能性があります。最新のウイルスの情報や、感染予防対策をご確認ください。参考:新型コロナウイルス感染症について/厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/22 17:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • いち(

    9/23 9:28

    先月の盆休みは湯浅御坊道路大渋滞やったしな。命が脅かされる病気が蔓延しているなんてとても思えませんな。

  • あきひろ

    9/23 5:37

    これに懲りたらちゃんと自粛する事だな。週末のたびに家族そろってSC ホムセン スーパー マクド 王将などに押しかけてくる家族連れ多すぎ。

  • いち(

    9/23 2:51

    不安煽りしかしないマスゴミの報道を見てそれに振り回される世間の風潮が気を重くさせてるねん。

記事の無断転載を禁じます