ベッカム氏の次男ロメオ、米3部でプロデビュー!…P・ネヴィル息子との共演も

拡大画像を見る

 元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏の次男ロメオ・ベッカムが、USLリーグ1(アメリカ3部相当)のフォート・ローダーデールでデビューを飾った。

 フォート・ローダーデールは、ベッカム氏が共同オーナーを務めるMLS(メジャーリーグサッカー)のインテル・マイアミのリザーブチーム。過去にアーセナルの下部組織に在籍したこともある19歳のロメオは、今月にフォート・ローダーデールとプロ契約を締結していた。

 ロメオは19日に行われたUSLリーグ1のサウス・ジョージア・トルメンタ戦で先発し、プロデビューを果たした。背番号「11」を背負って79分まで出場し、現役時代の父と同様、右サイドでプレーした。

 フォート・ローダーデールは2度のリードを守りきれず、2-2で引き分けた。なおトルメンタ戦には、インテル・マイアミの監督を務める元イングランド代表DFフィル・ネヴィルの息子ハーヴェイも出場した。

 試合後、ロメオは300万人以上のフォロワーを抱える自身の公式インスタグラム(romeobeckham)を更新。「今夜、フォート・ローダーデールでプロデビューできた幸運に感謝している。次の試合に向けて集中するよ」と投稿し、父は「お前を誇りに思う」とリプライを送っている。


【画像】ロメオ・ベッカムがプロデビュー




関連リンク

  • 9/20 19:28
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます