世帯年収2200万円「妻が大蔵省」の50代男性、娘から「社畜」と言われ、買い物も「西友でチラシマッチ」

拡大画像を見る

日本に1.2%しかいない「世帯年収2000万円以上」の暮らしぶりとは? キャリコネニュース読者から寄せられた声を紹介し、FPの佐藤祐一さんに解説してもらった。

世帯年収2200万円の男性「買い物は西友でチラシマッチしてます」

茨城県の50代前半男性は、世帯年収2200万円。メーカーの正社員として働いている。男性は「妻が大蔵省」といい、家庭内での肩身が狭いことを明かした。

「娘から『社畜』と言われ、生活費を稼いでます」

かなりの高収入サラリーマンのように思えるが、その生活はかなり庶民的なようだ。

「妻の親への仕送り、娘2人の教育にお金を使い、それ以外はほとんどお金を使ってないです」
「外食は、ほぼないです。買い物は西友でチラシマッチしてます」

男性は「老後に向けて趣味を持ちたいですが、お金も時間も余裕ないです」と嘆いた。

かなりの高給取りなのにも関わらず、家では散々な扱い。本当に気の毒だが……。FPの佐藤祐一さんは「このようなケースは時折見られる」という。

収入は多いはずなのに……というケースに多いのが「余計な支出が多い」というパターンだ。ただ、これを減らすのは「難しい」と佐藤さんは指摘する。その理由は「生活レベルを下げ、習慣を改める必要が出てくるから」だという。

たしかに長年の習慣や生活スタイルを変えるのは、簡単ではないだろう。何から手を付けたらいいのかも、わからない。

「もし、今の生活に不安を感じていたり、何か変えたいと思っているのであれば、一番にやるべきことは、家計を見直すことです」と佐藤さんは語る。

家計を見直す際のポイントは、具体的な金額をきっちり計算すること。そのためにも「家計の収益計算書と貸借対照表を作るべき」と佐藤さんは言う。

もうひとつ、大事なのが「将来のプラン」だ。

「人生のいつごろ、どんなことがしたいのか。また、そのためには何年後にいくら必要なのかを把握し、長期的な人生・お金のプランをつくりましょう。そこから逆算していけば、現時点で毎月いくら稼ぐべきか、支出をどれぐらいに抑えるべきかがわかってきます」

確かにきちんと計算していけば、イメージもわいてきそうだ。

「そうやって冷静に見直せば、たとえば掛け過ぎていた保険や、めったに行かないスポーツクラブを解約するなど、具体的な支出減にもつなげられるのではないでしょうか」

関連リンク

  • 9/20 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • どうも1.2%の日本人です 世帯年収は3,600万円ですが全て借金の返済に消えるので生活はカツカツ 娘達には学校の制服すら新調してやれません

記事の無断転載を禁じます