真っ赤なコートで都バスに…有吉が思わず息を吞むほどの“色気”を持った芸能人とは?

拡大画像を見る

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。9月12日(日)の放送は、アシスタントにマシンガンズの西堀亮、ぐりんぴーすの落合隆二を迎えてお送りしました。


(左から)落合隆二、有吉弘行、西堀亮



有吉は、普段スタジオなどで芸能人に会っても、今となってはあまり驚くことはないものの、偶然街中で会うとなると別で、過去に思わず“スゲェな!”と見惚れてしまったことがあると言います。その1人として、東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦さんを挙げ、「息を吞むぐらいにかっこよかった」と意気揚々に振り返ります。

有吉が拝見したときの谷中さんは、真っ赤なコートを着用していたそうで、「顔を隠すことなく、目が覚めるような真っ赤なコートを着て都バスに乗ったのよ。“うわっ、かっこいい!”って思ったね」と興奮気味に語ると、西堀と落合も「それはすごい。(自分に)自信がないと」「かっこいいなぁ……色気がある」と納得の様子。

そして有吉は「(真っ赤なコートは)なかなか着られないよ」と言いつつ、「落合も着たほうがいい。お前は真っ赤なマントにしろよ、真っ赤なマントで大江戸線に乗れ」との無茶振りが。

これには落合も「それ、通報されません(笑)?」と不安そうな反応を示すと、西堀も「(真っ赤な)コートならいいけど、ちょっとマントはかわいそうじゃないですか(笑)」と助け舟を出すも、「なんでよ! 谷中さんもほとんどマントみたいなもんだったよ」と谷中さん基準で引かない有吉。

落合が「それは、谷中さんがかっこいいですもん……(赤マントだと)途中で(大江戸線を)降ろされるかも」と正論で返すも、有吉は聞く耳を持たず「その考えがもうダサい。赤マントのなにが悪いの?」と追撃。「そういうことじゃないですけど……」と言葉を濁しつつ、最後には「シンプルに恥ずかしいです」と本音をポロリ。

有吉は「なんでだよ~」と残念がるも、あらためて「谷中さんはかっこよかった、あれは三宿だったなぁ……」と回顧。落合が「俺はなぜ赤マント……、名物おじさんになっちゃうじゃないですか(笑)。谷中さんは(そもそも)かっこいいんですもん」と嘆くと、有吉は「あのかっこよさは今でも鮮明に覚えているわ。映画の主人公みたいですごかった」と思い出に浸っていました。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国23局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!

関連リンク

  • 9/19 19:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます