伊藤健太郎がカンチ演じた現代版『東京ラブストーリー』地上波放送決定

拡大画像を見る

フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて2020年4月29日より配信スタートし、現在も配信中のドラマ『東京ラブストーリー』が、10月12日(火)24時35分からフジテレビで放送されることが決定。以降、毎週火曜同時間帯に放送される。

『東京ラブストーリー』は、柴門ふみの同名漫画が原作。1988年より「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて連載され、その後1991年にフジテレビでドラマ化された。織田裕二演じる“カンチ”こと永尾完治と鈴木保奈美演じる赤名リカのせつないラブストーリーが当時社会現象となり、その後も語り継がれる90年代恋愛ドラマの金字塔ともいえる不朽の名作ドラマ。その『東京ラブストーリー』が、永尾完治役に伊藤健太郎、赤名リカ役に石橋静河、三上健一役に清原翔、関口さとみ役に石井杏奈を迎え、2020年の春、29年ぶりに現代版として配信された。平成版を見ていた世代から、見ていない若年層まで、幅広い世代の間で大きな話題となった。

また、1991年版『東京ラブストーリー』が、今回の地上波放送後から毎週1話ずつFOD、TVer、GYAO!にて無料配信されることが決定。10月12日(火)の初回放送終了後の25時45分から1991年版の第1話と、2020年版の第1話も配信、以降毎週新旧ともに1話ずつ無料配信される。この機会に平成版と令和版の『東京ラブストーリー』を両方あわせて楽しんでみては?(2020年版はFOD、TVerのみの配信となる)

さらに、地上波での放送スタートに先駆けて、10月2日(土)14時30分から『東京ラブストーリー』のブームアップ番組がフジテレビにて放送される。

<あらすじ>
広告代理店に勤める永尾完治(伊藤)は、地元の愛媛支部から東京の営業部に配属となり東京へやってきた。同僚の赤名リカ(石橋)が完治の仕事の面倒を見ることに。完治は同じく東京にいる地元の同級生・三上健一(清原)から早速飲もうと誘われる。完治がずっと密かに思いを寄せていた関口さとみ(石井)も来ることになり、久々の再会を懐かしんでいたが、会社にいるリカから忘れていた財布を届けるとの連絡があり、一緒に飲むことになる。その帰り道、いきなり「カンチ、キスしよっか」とリカから言われドギマギする完治。「じゃあ代わりにランチごちそうして!」と積極的なリカ。しかし、リカは上司の和賀と関係があると社内で噂されているからやめておいた方がいいと言われる。

関連リンク

  • 9/17 8:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • ん~今日から俺2ってやらないのかな~って密かに思ってます苦笑

  • おめでとうございます。被害者との和解もとうに成立し、世間的にも許されて良いはずですからね。良い役を演じることが、何よりの償いになると思います。これからの活躍を期待しています。

  • たぶん、二番煎じで、失敗作に。

記事の無断転載を禁じます