【川崎・若武者賞結果】森泰斗騎手騎乗の1番人気ノブレスノアが無傷の4連勝で準重賞制覇

拡大画像を見る

 14日、川崎競馬場で行われた若武者賞(鎌倉記念トライアル)(2歳・準重賞・JRA認定競走・ダ1500m・1着賞金500万円)は、道中2番手でレースを進めた森泰斗騎手騎乗の1番人気ノブレスノア(牡2、浦和・小久保智厩舎)が、4角で前を捉えると直線も伸びて後続を寄せ付けず、先手を取ってレースを進めて直線も粘った5番人気タツノエクスプレス(牡2、川崎・田邊陽一厩舎)に2.1/2差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分36秒6(重)。

 さらにクビ差の3着には4番人気メンタイマヨ(牡2、川崎・林隆之厩舎)が入った。2番人気に推されていたレティクル(牡2、船橋・林正人厩舎)は10着に終わった。

 ノブレスノアは父トーセンブライト、母トーセンオーキッド、その父ネオユニヴァースという血統。6月のデビューから前走まで全て浦和で3連勝したが、初コース、初ナイターとも問題とせず連勝を伸ばした。通算成績はこれで4戦4勝。

 なお、1、2着馬には、10月13日川崎競馬場にて行われる第20回鎌倉記念(SII)の優先出走権が付与された。

(取材、撮影:高橋正和、編集:netkeiba.com)

関連リンク

  • 9/15 11:30
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます