嵐「9・15結成22年」も漂う暗雲!「新恋人と公開デート」「沖縄離島リゾート計画再稼働」…「大野智完全引退&嵐・解散」のXデー!!

拡大画像を見る

 22年前の今日、ジャニーズ事務所の5人組グループ・嵐が誕生した。

 大野智(40)、櫻井翔(39)、相葉雅紀(38)、二宮和也(38)、松本潤(38)は1999年9月15日、ハワイ・ホノルル沖の豪華客船で記者会見を行い華々しいデビューを飾った。

 嵐ファンの間で9月15日は“結成日”として知られ、今年もタワーレコードなどの大型CDショップでは「結成日記念セール」を開催しており、嵐のCDやDVDを割引価格で購入することができる。

 2020年12月31日の活動休止まで、5人は20年以上にわたって第一線で活躍し続けた。休止後、櫻井と相葉はバラエティ番組やドラマ、二宮もレギュラーのバラエティ番組、YouTube、映画、そして松本は役者業1本に絞って映画やドラマでソロ活動を継続している。一方、大野は芸能活動のいっさいを休止。かねてよりそんな彼の今後の動向にも注目が集まっていた。

「ここにきて、あらためて大野に芸能界引退の話がささやかれているんです。以前から東京オリンピック・パラリンピック終了後、大野に何かしら動きがあるのではないか、と言われていましたからね」(夕刊紙デスク)

 嵐は2019年5月に「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に就任。しかし、新型コロナウイルスにより大会は1年延期に。

 その間に嵐は活動休止に入り、今年開催された東京オリンピック・パラリンピックでは、櫻井と相葉の2人が「東京五輪スペシャルナビゲーター」を務め上げた。

「嵐として請け負った仕事が、無事に終わったわけです。大野がオリパラ関連の生放送に出演することはありませんでしたが、過去のVTRに大野の姿があったり、大野のコメントが読み上げられたりと、ファンを喜ばせました。

 大野、そして櫻井と相葉をはじめとする他のメンバーにも“やり遂げた”という思いがあるのではないでしょうか。また、大野の興味はすでに芸能界から離れているとも聞こえてきています。大野の“完全引退Xデー”も近いのではないかと。今年に入ってからは“アイドルらしからぬ行動”もたびたび報じられていますからね」(前同)

■2度のデート報道&たび重なる“シンママ動画”流出劇

 4月20日発売の『女性自身』(光文社)では、大野が新恋人を伴って京都旅行を楽しんでいたことが報じられた。

 また、8月31日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)では、大野が30代前半の新木優子似の女性と、大野と同世代ほどの男性とともに千葉県のマザー牧場を訪れる姿を掲載している。

「相葉には8~9年も交際している女性がいますが、一度もデートの様子は撮られていません。いっさい外ではツーショットにならないようにしているんでしょうね。一方の大野は今年に入って2度も女性とデートしているところを撮られている。

 京都旅行は、ジャニーズ事務所とも友好的な関係にある『女性自身』が報じたわけですが、どうやらジャニーズサイドも、“絶対に報じてくれるな”という感じではなかったと聞こえてきています。観光都市・京都の人通りの多い場所に恋人を連れ立って行って写真を撮られたわけで、ジャニーズアイドルの、そして国民的グループ・嵐のメンバーとしての自覚がないと言われても仕方ない行動に、事務所サイドとしては“何を考えているんだ”という思いがあったのではないでしょうか。

 また、活動休止後の大野はアンコトローラブルだといい、恋人との堂々デートが報じられても“仕方がない”という感じだったとも聞こえてきていますね」(前出の夕刊紙デスク)

 マザー牧場でのデートを報じた『週刊女性』には、黒いキャップにグレーのマスク、白いシャツに紺色のパンツという姿の大野の写真も掲載されている。

「驚いたのが大野の容姿の変わりよう。Tシャツから覗く腕はかなり日に焼けていて、マスクからは長いアゴヒゲも見えている。とてもジャニーズのアイドルとは思えないビジュアルだったんです。

 かつて大野は、ジャニーズ事務所上層部やメリー喜多川氏に“日焼けをしないように”と注意を受けていて、それを守っていた。しかし、芸能界を離れて日焼けやヒゲも気にしなくなったということですよね」(前同)

 新恋人との京都旅行と前後して、大野がかつて6年交際していたシングルマザーのA子さん周辺からの“流出騒動”もファンを中心に波紋を広げた。

 3月初旬にはA子さんと思われる女性がライブ配信を行って大野について語ったという話題がSNS上で飛び交った。翌4月にはA子さんと元関ジャニ∞の錦戸亮(36)が体を密着させてカラオケを楽しんでいる動画がツイッター上に流出。

 7月7日には大野がA子さんと思われる女性と海釣りを楽しむ動画が、同月24日にもYouTuberの男性が「画像動画展覧会」という生配信を行い、大野のプライベート画像や動画を流出させたことも記憶に新しい。

■大野の沖縄離島での“リゾート計画”も来年再開!?

「動画や画像の流出は大野のせいではありませんが、こういったトラブルが続いたことで、大野が“芸能界からは離れていたい”と思っても仕方がありません。また、かねてより報じられていた沖縄県南部の離島での“リゾート計画”が来年にも本格的に動き出すとも言われています」(前出の夕刊紙デスク)

 芸能活動休止後、大野は沖縄県南部の離島に移住するという報道もあった。

「コロナ禍で移住は実現できていませんが、状況が少し落ち着いたタイミング、来年にも沖縄の離島に大野の会社名義で購入していた1200坪の土地の開発を再開させると聞こえてきています。ペンション経営や釣りの店などをオープンするという話も持ち上がっているという話ですね。その傍らには、マザー牧場でのデートが報じられた新木優子似の新恋人の姿があるのではないでしょうか」(前同)

 活動休止後も大野と嵐メンバーとの交流は続いている。7月30日、松本がブログ『Enjoy』を更新して「約半年振りに、メンバーに会ったりもしました! 大野さんにも会いましたよ」と綴り、ファンを歓喜させた。

「メンバーとの交流はたまに聞こえてきますが、大野さんが芸能界に復帰する、嵐が再集結するというのは現状、とてもじゃないが実現しそうにありません」(芸能プロ関係者)

 7月16日から嵐の『ウラ嵐BEST』のデジタル配信がスタートした。これに伴い、嵐の公式ツイッターでは、櫻井、相葉、二宮、松本が『ウラ嵐BEST』から1曲をピックアップして、それぞれがコメントとともに楽曲を紹介する企画を実施。4人のコメントが発表されたが、ここでも大野が登場することはなかった。

「大野さんは嵐の仕事でも稼働しない。コメントだけなら出せそうなものですが、それもない。多くの嵐ファンはグループの活動再開を熱望しています。しかし、一部の大野さんファンは“大野くんにはもうゆっくりしてほしい”と願っています。

 この10年ほど、大野さんは心身ともに芸能活動に疲弊していて、活動休止発表会見からの2年間をなんとか走り切ったところですからね。活動休止後はアート活動に専念するという報道もありましたが、彼はそのアート活動からも距離を置いているといいます」(前同)

■大野の芸能界引退=嵐の解散

 気になるのは、あらためてくすぶっているという大野の“完全引退Xデー”だろう。

「ささやかれているのが11月3日ですよね。この日は嵐のCDデビュー日ですし、2019年の11月3日にはSNSやYouTube、サブスクリプションの解禁をメンバーそろって発表した日です。また、昨年のこの日には、国立競技場で『アラフェス2020』を開催しました。

 嵐の5人やスタッフは11月3日という日をとても大切にしていて、メンバーにもファンにとっても特別な日なんです」(前出の芸能プロ関係者)

 嵐のメンバーは常々、「5人じゃなければ嵐じゃない」と公言してきた。大野が引退し、グループを抜けるということは、嵐が解散するということとイコールだ。

「活動休止後も嵐のファンクラブは稼働していて、今年に入ってからも会員のもとには会報が定期的に届いています。現在もファンクラブを継続している会員の多くが、“5人での稼働はなくても、嵐のためならお金を払いたい”という気持ちなのでしょう。

 ただ、グループの活動ができていないのに、ファンクラブだけ継続させて、会費を収集し続けることに違和感を抱いているメンバーもいるかもしれません。また、ジャニーズ事務所にとっても嵐のファンクラブは大きな収入源の1つですが、ここでお金儲けをし続けるという感じでもなさそうです。すでに嵐は、活動休止までの2年間で莫大な収益を会社にもたらしましたからね。

 大野さんに復帰するつもりがないのであれば、グループにもファンクラブにも区切りをつける必要が出てくる。そのタイミングとして考えられるのが11月3日ということですね」(前同)

 他にも“Xデー”候補の日はあるという。

「11月3日の次に可能性がありそうなのが大みそかです。SMAPも2016年8月に解散を発表し、同年12月31日に解散に至っていますからね。もう1つの可能性として考えられるのは10月16日。1994年のこの日が大野さんのジャニーズ事務所入所日です。

 かねてから“オリンピック・パラリンピック後には何かある”とささやかれていましたが、そのタイミングは着々と近づいているのかもしれませんね……」(同)

 大野の、そして嵐の今後に今、大きな注目が集まっている――。

関連リンク

  • 9/15 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます