KinKi Kids堂本光一“ジャニーズ独自ルール”に苦言!「SMAPを守った男」の本音「だいたい俺らあかん部類に入る」

拡大画像を見る

 KinKi Kidsの堂本光一(42)が9月13日放送のラジオ番組『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送)で、ジャニーズ事務所の“独自ルール”に苦言を呈し、一部で話題を呼んでいる。

 この日の放送ではリスナーが、嵐の二宮和也(38)がYouTubeにパズルゲームの実況動画をアップしており、それが生配信ではなく、録画した動画にあとから実況をつけている形式だったことを報告。

 そして、キンキの2人についても、動画や『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)でゲーム実況する姿を「見てみたいです」というメッセージを紹介。

 これに光一は「録画した動画にあとから実況をつける……これもうちの事務所の、なんかようわからんルールの一環なのかな?(笑)。どうなんかな?」と投げかけた。

 続けて、「何がよくて、誰がよくて、誰があかんっていうのがよくわかってないんですよ。たとえば、ふぉ~ゆ~だったら『ミルダム』ってやつでゲーム実況やってたりするでしょ。この前、山田がなんかゲームの大会みたいなやつに出てたわけでしょ」とコメント。

 この光一の発言は、ふぉ~ゆ~がゲーム実況プラットフォーム「ミルダム」でゲーム実況をやっていること、Hey!Say!JUMPの山田涼介(28)が人気オンラインゲーム『エーペックスレジェンズ(Apex Legends)』のカスタムマッチに参加していたことを指している。

 しかし、ゲーム実況について光一は「“なんか基本ダメ”みたいな。よくわかんないですよね。何がよくて、何があかんって」とジャニーズ事務所内のルールについて説明。

 さらに「だいたい俺らあかん部類に入るんですよ。なんでなん?(笑)。だいたい俺ら“それはダメです”みたいな。でも“誰々やってなかった?”みたいな。なんかよくわかんないですけど」とコメント。

 また、「もちろんね、ルールっていうのはあってしかるべきだと思うんですけど。“何があかんくて何がいい”っていうのはハッキリしてほしいなっていうのは僕の願いですかね」とし「“あかん”って言われたことをやろうとはしまんせんから、当然。だけど、そこのルールが明確になってないと“それは違反です”って言われたときに“えっ!?”ってなるし。“別に破ろうと思って破ったわけじゃないけど”みたいなね。明確になってほしいなっていう部分はありますよねぇ」と、ジャニーズ事務所に明確なルールを提示してほしいと語った。

■解散騒動の最中にもキンキは“SMAP愛”を熱弁

 光一の言葉にファンからは「大体ダメw」「大体あかん部類ってなんなんやろ?」「何でなんですかねぇ? 箱入り息子? KinKi Kidsがやりたがってたことはだいたい他のグループに持っていかるよね……」といった声が上がっている。

「キンキの光一と堂本剛(42)といえば、2016年のSMAP解散騒動の最中、さらに解散直後、他のジャニーズタレントやメディアが“SMAP”というワードを封印していた中にあっても“SMAP愛”をメディアで語っていました。

 これも“別に破ろうと思って破った”わけではなく、ジャニーズ内で“明確なルール”になっていなかったから出た言葉だったのかもしれません」(女性誌ライター)

 キンキの2人はジャニーズJr.時代にSMAPのバックダンサーを務め、長きにわたってSMAPやメンバーを「兄さん」と呼んで慕ってきた。

 2016年12月31日で解散するSMAPについて、前日の『NHK紅白歌合戦』のリハーサル後のインタビューで、その思いを吐露したことが話題を呼んだ。

 光一は「僕らはデビュー前からSMAPのみなさんのバックをずっとやらせていただいていたので、5人といいますか、(脱退した森且行も含めて)6人と言っていいと思うんですけど、みなさんは偉大な先輩で。解散という形をとられても、偉大な先輩という意味では僕らにとっては変わらないので、その背中をこれからも見られたらいいなと思います」とコメント。

 剛は「一つ一つが僕らの今にとてつもなく大きく影響をしています。僕らにとって、先輩という表現もしますけど、お兄ちゃんみたいな存在」「本当に大きな存在で、その存在は変わることなく、僕たちはいつものように、お兄さんたちのことを尊敬し、愛し、生きていくんだろうなと思います」と語った。

「ある意味、キンキの2人は解散時にその存在をないものにされかけた“SMAPを守った”とも言えるかもしれません。キンキと元SMAPメンバーの関係はいまだに強固ですよね」(前同)

■『音楽の日』では中居正広にキンキ2人からサプライズ演出も

 キンキは、中居正広(49)がMCを務めた7月18日放送の音楽特番『音楽の日』(TBS系)に出演。

 同番組では毎年、中居とキンキの2人の絡みが話題になるが、今年の放送でも『全部だきしめて』の歌唱中、剛の譜面台には若かりし頃の中居の写真がズラリと並んでいた。

 また、『アン/ペア』歌唱後、光一がジャケットを脱ぐと、中居とキンキのスリーショットが背中にプリントされたシャツを着ている、という仕掛けも会場を盛り上げた。

「中居も笑顔を浮かべていましたよね。また、9月11日の『ブンブブーン』には木村拓哉(48)が出演。今でもジャニーズ事務所に在籍する木村とも、独立した中居とも変わることなく交流を続け、楽しんでいる。キンキの2人は本当にSMAPを愛しているんでしょうね」(前出の女性誌ライター)

“あかん部類”の光一の提言で、ジャニーズ事務所の“独自ルール”にもメスが入るのかも!?

関連リンク

  • 9/14 11:52
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます