こんな食べ方が!?「ゆで卵」のアレンジレシピ

拡大画像を見る

 茹でるだけで手軽に作ることができる「ゆで卵」。みなさんは、普段どのようにいただいていますか?

 ゆで卵をサラダに入れたり、そのままマヨネーズをつけて食べたりしているけど、もう少しバリエーションを楽しみたい……そんな場合は、次のようなアレンジレシピを試してはいかがでしょうか。

【ゆで卵のチーズ焼き】

〈材料〉

■ゆで卵(固茹で)お好みの個数/とろけるチーズ適量/塩こしょう少々

〈作り方〉

1.ゆで卵を半分、または薄切りにして耐熱皿に並べる

2.塩こしょう、とろけるチーズの順にゆで卵に乗せ、トースターでチーズが溶けて焼き色がつくまで(4~6分程度)加熱する。

※焼き時間は、トースターや卵の大きさ・厚さによって調節してください。

 塩こしょうの代わりに、表面にケチャップを塗ってピザ風にするのもオススメ。最後にパセリを散らすと彩りも楽しめますよ。

【ゆで卵の甘酢漬け】

〈材料〉

■ゆで卵(固茹で)お好みの個数/甘酢適量/醤油甘酢と同量

〈作り方〉

1.ゆで卵を保存袋に入れる

2.甘酢と醤油が1:1になるように、ゆで卵が浸かるまで入れる

3.冷蔵保存し、味を馴染ませる

※1週間程度で食べきるようにしましょう。

 これら、アレンジレシピ以外でも、ゆで卵は味噌汁の具材としても活用できます。豆腐や玉ねぎ、ほうれん草など、好きな具材と一緒に入れるだけ。ゆで卵には既に火が通っているので、味噌を入れるタイミングや完成後に、丸ごとまたは半分にカットして入れ、蓋をして数分間おいて温めましょう。たんぱく質を手軽にプラスしたいときや、短時間で食事を済ませたいときの栄養バランスの整えに重宝します。

 完全栄養食とも呼ばれ、さまざまな栄養素を摂取できる「卵」。多めにゆで卵を作っておけば副菜にもアレンジできるので、料理の手間を省きやすくなりますね。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

関連リンク

  • 9/6 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます