鈴木達央、直筆で騒動謝罪「愚かな振る舞いをした」「誠意ある行動をしていく所存」<全文>

【モデルプレス=2021/08/30】声優の鈴木達央が30日、所属事務所のアイムエンタープライズの公式サイトを通じて直筆の謝罪文を掲載した。

◆鈴木達央、直筆で騒動を謝罪

鈴木は直筆で、「このたび、私の無責任かつ不適切な行動により皆様にご迷惑、ご心配をお掛けし大変申し訳ございませんでした」と謝罪。今回の騒動に、「猛省しており、愚かな振る舞いをしたことで、様々な方にご迷惑やご心配をおかけいたしましたことを強く後悔しております」と思いをつづった。

続けて「今後は一つ一つの事柄に、自分の振る舞いが周囲にどの程度大きな影響をもたらすか自覚を持って今まで以上に丁寧に対応し、努力を惜しまず いま一度自分と向き合い、誠意ある行動をしていく所存でございます」と反省の意を示し、決意表明。

最後に改めて「重ねてにはなりますが、応援してくださっている皆様、お世話になっている皆様に深くお詫び致します。誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

鈴木は2020年1月に歌手・LiSAと結婚したが、今年7月30日に「文春オンライン」が、一般女性と不倫をしていることを報道。公式サイトでは「弊社所属の鈴木達央に関しまして、先日より体調不良が続いており、通常通りの活動が困難な状況にあるため、当面の間、活動を休止させていただく事となりましたことをご報告申し上げます」と発表し、「関係各位の皆様、また日頃より応援してくださっている皆様へは、多大なるご迷惑とご心配をおかけします事を深くお詫び申し上げます」としていた。(modelpress編集部)

◆全文

このたび、私の無責任かつ不適切な行動により皆様にご迷惑、ご心配をお掛けし大変申し訳ございませんでした。

今回の私の行動に対し、猛省しており、愚かな振る舞いをしたことで、様々な方にご迷惑やご心配をおかけいたしましたことを強く後悔しております。

今後は一つ一つの事柄に、自分の振る舞いが周囲にどの程度大きな影響をもたらすか自覚を持って今まで以上に丁寧に対応し、努力を惜しまず いま一度自分と向き合い、誠意ある行動をしていく所存でございます。

重ねてにはなりますが、応援してくださっている皆様、お世話になっている皆様に深くお詫び致します。誠に申し訳ございませんでした。

令和3年8月30日
鈴木達央

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/30 20:45
  • モデルプレス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます