篠原涼子の“新恋人”韓流アイドルの「結婚しない宣言」で「再婚は一人芝居」!?【画像】

拡大画像を見る

 8月5日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、先月、俳優の市村正親(72)との離婚を発表したばかりの女優・篠原涼子(47)の新恋人の存在を報じた。

「篠原の現在のお相手として名前が上がったのは、韓国のボーイズグループ・SUPERNOVA(スーパーノヴァ)のメンバー、グァンス(34)だったことには驚きました。というのも、グァンスは篠原の13歳も年下、元夫の市村との年齢差は実に38歳にもなるのです。この報道が事実だとすれば、篠原は二回り以上年上の夫から、一回り以上年下の恋人に乗り換えたことになります」(女性誌記者)

 SUPERNOVAは、2018年6月までは超新星(ちょうしんせい)のグループ名で活動していた韓国出身の5人組男性アイドルグループだ。

「日本では超新星のグループ名のほうがピンとくる人が多いかもしれません。超新星は2007年に韓国でデビューをすると、2009年には日本でも本格デビュー。メンバー全員が身長180cm以上とスタイル抜群のイケメン集団として日本でも人気を獲得したのです」(前出の女性誌記者)

■事務所騒動で改名へ!

 その後、人気絶頂の最中にメンバーが次々と韓国の徴兵制度にのっとり入隊。

「すべてのメンバーが除隊した2018年にグループとしての活動を再開しますが、同年6月にメンバーが所属事務所との契約満了を迎えた際に再契約が行われず、超新星は事実上の活動休止に追い込まれます。

 しかしその後、超新星のメンバーだった5名が自分たちで立ち上げた新事務所に所属し、グループ名もSUPERNOVAに改名をして活動を再開。超新星時代から韓国よりも日本での知名度のほうが高かったため、SUPERNOVAへの改名発表も、日本で行われたファンミーティングで行われたのです」(前出の女性誌記者)

 メンバーたちは皆、流暢な日本語を話し、現在はほとんどの活動を日本を拠点に行っている。

「今回の『週刊文春』の記事には、グァンスは現在、篠原と同じマンションに住んでいると伝えられました。もちろん、彼は日本語も堪能です。そのため、今回の報道を知った一部ファンたちからは“2人のゴールインもあるのでは?”との声も聞こえてくるのですが……。実はグァンスは以前、あるインタビューで“絶対に結婚しない”と明言しているんです」(前同)

■グァンスは「結婚しない」宣言を

 2019年12月、韓国エンタメのニュースサイト『KEnews』にアップされたグァンスのインタビュー記事で、彼はこんなことを語っていたのだ。

「彼は“忙しすぎて恋愛する時間もないのでは?”との質問に対して、“去年、ファンクラブ『Milky』のセレモニーの時に『一生結婚しません!』って宣言して、それから冗談でも『結婚しちゃおうかな』ってイベントとかで話したら、すごく怒られて。今のところまったくないです。素直にいうと40歳までは絶対しないです。自分の中で決めたんです”と、はっきりと“しばらくは結婚しない”と語っているのです」(前出の女性誌記者)

 現在34歳のグァンスが40歳になるまでには、まだ6年もある。

「グァンスはSUPERNOVAのメンバーのなかでも、特にファンを大事にすることでも有名です。彼は、超新星時代からさまざまなトラブルなどを乗り越え、ずっと応援してくれるファンを心の底から大切に思っているようです。そんな彼が、ここまではっきり“結婚しない”と公言しているのですから……篠原さんと近々の再婚は、まずないでしょうね」(前同)

「篠原が2人の息子の親権を市村に譲ったのは、グァンスとの再婚のためでは?」との憶測も飛び交っているが……。再婚の夢は、篠原の一人芝居に終わってしまうのかもしれない。

関連リンク

  • 8/5 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます