草なぎ剛の“泥酔全裸事件”は「今もタブー」!? 「脱いでしまった」回答でネット番組スタジオが静まり返り……

拡大画像を見る

 「新しい地図」の生配信ネット番組『7.2新しい別の窓 #41』(ABEMA)の8月1日放送回で、俳優の草なぎ剛がSMAP時代の警察沙汰を振り返る一幕があった。

 番組では、出された質問に対し、互いの回答を合わせる企画「コンビの絆−1グランプリ!」を放送。草なぎと稲垣吾郎がチームとなり、タカアンドトシやEXITと“コンビ愛”で対決した。

 「一番悲しかったことは?」とのお題では、稲垣が「やっぱり、最初に森くんが卒業したとき」と、1996年にSMAPを辞めてオートレース選手に転向した森且行の名前を挙げたが、草なぎは「(SMAPの)デビュー曲が1位を取れなかったこと。先輩方は1位を取ってたので」と回答し、一致せず。

 その後の「草なぎが一番後悔していることは?」とのお題では、稲垣が「年末いいとも特大号での鈴木蘭々のモノマネ!」と自信満々に回答したのに対し、草なぎは「脱いでしまった」と書かれたフリップを提示。すると、スタジオが数秒間静まり返り、進行役を務めていた香取慎吾が慌てた様子で「違うんだよ、違うんだよ……」と繰り返しながら草なぎのフリップを伏せ、加えて、立ち上がって前に出た稲垣が、カメラに向かって手でバッテンポーズをしていた。

 なお、「脱いでしまった」というのは、2009年4月に東京都港区の檜町公園にて、泥酔して全裸で叫んでいる草なぎが、公然わいせつ容疑で現行犯逮捕された騒動のことだろう。翌日に処分保留で釈放された草なぎは、その日の夜に弁護士と共に「おわび会見」を開き、「大人として恥ずかしい行動をして、とても反省しています」などと謝罪。翌月に起訴猶予となり、自粛していた芸能活動は事件から約1カ月後に再開された。

「草なぎが衝撃的な回答を出したことで、コーナーは強制終了となりました。草なぎがガチで答えたのか、ウケを狙ったのかは不明ですが、香取や稲垣の慌てぶりや、スタジオの異様な空気から、バラエティ番組で大っぴらにネタにすることは、まだタブーとされているのかもしれません」(芸能ライター)

 とはいえ、草なぎがバラエティ番組で事件に触れたのは、今回が初めてではない。昨年10月放送の『ぴったんこカン・カンスペシャル』(TBS系)で司会の安住紳一郎アナウンサーとTBS前の芝生でロケを行った際、安住アナが「(草なぎが)地デジの推進大使のときに一緒に盆踊りを踊った」「その後、草なぎさん問題起こして、ギャラを全部返上するっていう……」と発言。これは、06年から“地デジ普及促進メインキャラクター”を務めていた草なぎが、その活動中にくだんの全裸事件を起こしたことから、出演料を辞退した一件のことだが、草なぎは安住に対し「すぐそこで問題起きちゃって……」「いろいろ紆余曲折あって、ここの(TBS前の)芝生に辿り着いています」とTBSと事件現場が近いことをネタにしていた。

「『ぴったんこカン・カン』の発言が波紋を呼ぶことはありませんでしたが、事件翌年の10年7月にリリースされたSMAPのアルバム『We are SMAP!』に収録された草なぎのソロ曲『帰って来たヨッパライ』は、当時、ネット上で『ネタにするの早くない?』『全然、反省してない』と厳しい声もありました。また、過去には、木村拓哉が草なぎの不祥事に激怒し、“SMAP解散”をほのめかしていたとの報道もあったため、事件を受け入れるのに時間がかかったファンも少なくないようです」(同)

 今回、「脱いでしまった」と回答した草なぎに対し、ネット上では「素直なつよぽんが好き。実際、一番後悔してるんだと思う」「『脱いでしまった』って、草なぎさんの真面目な人間性が出てるね」「それを書けるところが、つよぽんのらしさであり最高の強み」と好意的な声が目立つ。ファンが事件を“昔のこと”として消化できたのは、草なぎの実直な人柄と、その後の活躍があったからこそといえるかもしれない。

  • 8/4 14:39
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます