鈴木奈々、体調不良で休養…「クリームまみれでもウインク姿」の裏にあった号泣&大演説シーン

拡大画像を見る

 タレントの鈴木奈々(33)が8月4日から一定期間休養する、と所属事務所が同日に公式サイトを通じて発表した。

 事務所の発表によると、鈴木は7⽉下旬より体調を崩していたといい、医師の診断結果などを踏まえて休養となったと説明。「本⼈とも話し合い、鈴⽊奈々⾃⾝の体調を第⼀に優先し、回復における環境づくりに努めてまいります」とコメントしている。

 突然発表された鈴木の休養に、「ゆっくり休んで万全の状態で戻ってきてほしいです。彼女なら少し休んだって居場所あるはず」「頑張りすぎてたんじゃないか。出演が減ったことで、悩んでたみたいだから」など、彼女を心配するコメントがネットにも数多く寄せられている。

「ネット上の反応にもあるように、鈴木のこのところの出演番組では、少し心配になってしまうような場面もありました。

 天然キャラと持ち前の明るい性格でバラエティ界で大活躍してきた鈴木ですが、6月12日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)では、“少しずつ仕事が減ってきた”“私みたいなのは求められてないんじゃないか”と悩みを漏らしました。この悩みに、マツコ・デラックス(48)は“そんなことない”と否定。鈴木をなぐさめたのですが、マツコのこの言葉で鈴木が号泣しまうというシーンがありましたね」(女性誌記者)

■ドッキリ番組でいきなり一般の方々に悩みを打ち明け……

 鈴木は7月24日と31日、レギュラー出演している『田村淳の訊きたい放題』(TOKYO MX)を欠席するという出来事もあった。

「番組欠席もあった鈴木ですが、7月12日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)では激辛グルメに挑戦。8月4日放送の『世界の何だコレ!?ミステリー』(フジテレビ系)でも心霊ロケに挑むと告知されていて、バラエティ番組への出演に精力的に取り組んでいます」(前出の女性誌記者)

 7月18日放送の『うわっ!ダマされた大賞』(日本テレビ系)にも鈴木は出演。彼女は、長野県のリゾート施設でスーパーボブスレーというアトラクションを使ったドッキリをかけられた。

「鈴木はボブスレーに乗りながら、施設スタッフからクリーム砲を食らってクリームまみれになったり、爆破トラップにひっかけられたり、相当大掛かりなドッキリをやられていました。ボブスレーに乗っている間は雄叫びをあげるなど、鈴木の“リアクション芸”は健在でしたよ。

 ただ、ドッキリが終了した後、鈴木のために施設のスタッフがドッキリに協力してくれたと番組サイドから伝えられると、異変が起きたんです。鈴木は集まってきた施設スタッフに感謝を述べつつ、“今、リアルにこのまま仕事続けられるかなとか、そこまで思っていた”などと、自身の悩みを真面目に語り出したんです。

 鈴木は時折声を詰まらせ、涙も流しているようにも見えましたし、一般の方々を相手に長々と話しをしたそうで、番組では「予想外の大演説」とテロップも出ていましたね。今思うと、一般の人にも聞いてほしいくらいに悩んでいたのかもしれませんね」(前同)

 しっかりと休養を取って、また元気な姿をテレビで見せてほしい!

関連リンク

  • 8/4 15:38
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 「おバカキャラ」ではなく「本当の馬鹿」は要らない。

  • リーチャ

    8/4 21:14

    うるさいし下品で不愉快だから、もうテレビで見たくない!

記事の無断転載を禁じます