有村架純『VS魂』でキンプリ岸優太相手にぎくしゃくトーク!「超敏感反応」のツケ

拡大画像を見る

 7月29日放送の『VS魂』(フジテレビ系)に、女優の有村架純(28)が出演。ジャニーズの面々とトークをするも、盛り上がりに欠ける展開となった。

 この日は、有村が映画『太陽の子』で共演する俳優の柳楽優弥(31)とともにゲストとして登場。冒頭のトークで、レギュラーメンバーの印象について聞かれた有村は、King & Princeの岸優太(25)について「すごいポテンシャルが高いイメージがあって、ドラマも見させていただいてるんですけど、お芝居もすごく目がまっすぐでステキだなと思うし、あと英語もできるって」と岸の多彩な才能を絶賛した。

 すると、それを聞いたアンタッチャブルの山崎弘也(45)が有村に、聞いてみたい英語の言葉はあるか聞くと、有村は「女性に優しい言葉をかけるとするなら」とリクエスト。すると岸は「For here or to go?(店内? 持ち帰り?)」という英語を披露した。

 しかし、ボケとも本気とも取れる言葉のセレクトに、有村やレギュラーメンバーは微妙な雰囲気になり、岸は「え~! こんな空気になります!?」と大慌て。岸の英語について、有村が「ちょっとなんて言ってるか分からなかった」と感想を語ったところ、岸は「末代までの恥っすね」と苦笑いを浮かべていた。

 続いて、有村はジャニーズWESTの藤井流星(27)とドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)で共演した際のエピソードを披露。「ドラマで共演させていただいたときに、関西人なので一緒にいると(関西弁が)うつっちゃうんですよ、私も地元が関西なので。だから、顔見たら、ちょっともう危ない」と語り、一緒にいると関西弁になってしまうことを明かした。

■発言に慎重になっている?

 すでに関西弁のイントネーションになっていたことから、有村がどれぐらい引っ張られるのか確認すべく、有村は藤井と会話をすることに。だが、有村の関西弁が出る前に、藤井が会話を終わらせてしまったことから、周囲からは「なんで終わらせてんだよ」というツッコミを浴びせていた。

 どうにも盛り上がりきらない有村とメンバーの絡みだったが、番組終盤に、Sexy Zoneの中島健人(27)と佐藤勝利(24)の“Sexy対決”がVTRで流される際、風間俊介(38)が「セクシーってなんですかね?」と有村に質問。それに対し、有村が「背中」と答えたところ、レギュラーメンバーは全員が立ち上がり、有村に背中を見せた。

 そんな中、山崎から誰が一番セクシーか聞かれた有村は「風間さん」と即答。風間は「やったー!」と喜んだが、美 少年の浮所飛貴(19)は「絶対ない! だってオジサンの背中です」とまさかの暴言を口にし、風間を苦笑いさせていた。

「週刊誌の報道に敏感に反応した後だっただけに、有村の発言に注目していたんですが、すべて無難な感じで感じで終わらせていましたね。まぁ、岸くん相手にうまいツッコミをするのは、難しいものですが。ただ、やはり抑えている印象で、最後のコーナーで風間を選んだのも彼が妻帯者で安全パイと考えたからかな、と思ってしまいました」(芸能誌記者)

■過去の古キズが今も影響か

 敏感な反応とは、7月27日、有村のマネージャーが運営しているというツイッターアカウントが、「本日発売の週刊誌の記事に関しまして、全くの事実無根であり、法的措置を取る予定でございます」と投稿した件だ。記事は『女性自身』が報じた新小結の明生との関係を伝えるもの。明生が有村ファンで有村と連絡先を交換したという程度で、これに所属事務所が断固たる態度を表明したため、とまどいの声が多くあがっていた。

 有村は2013年8月にHey! Say! JUMP(当時)の岡本圭人(28)とのキス写真が『FRIDAY』(講談社)に掲載されて以来、スキャンダルにはかなり敏感になっていると言われているが、今回の「法的措置」発言には、その影響があると思われる。

 主演するドラマや映画がどれも好評で、女優として、まさに脂の乗った時期である有村。少しでも熱愛を連想させるような発言、ましてやジャニーズタレント相手となれば、慎重になってしまうのも仕方のないことなのかもしれない。

関連リンク

  • 8/4 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます