前田敦子に“タトゥー入り新恋人”報道!「もう!?」「遊ばれてるだけじゃ…」心配の声

拡大画像を見る

 4月23日、自身のインスタグラムを通じて18年に結婚した勝地涼(34)との離婚を発表した前田敦子(30)。そんな彼女に“新恋人”ができたと、8月3日発売の『女性自身』(光文社)が報じている。

「前田のお相手として伝えられたのは、ファッションデザイナーの森川正規氏(37)。世界の歌姫レディー・ガガ(25)やヘヴィメタルバンド・KISSといった多数アーティストのステージ衣装を手がけ、15年には29歳の若さでパリコレに進出。現在は休止していますが、彼が10年に立ち上げた『クリスチャン・ダダ』というブランドは先鋭的なデザインで熱狂的なファンを獲得し、ファッション業界では知る人ぞ知る人物です。

 森川氏はさっぱりした塩顔イケメンで、右の首筋に十字架のタトゥーが入ったいかにも“気鋭のデザイナー”的風貌。確かな才能に加えて交友関係も華やかなので、オシャレ感度の高い一定の女性層からは相当モテると思います」(ファッション関係者)

 記事によれば、前田は大阪で公演中だった出演舞台の休演日である7月19日、わざわざ都内に戻り、森川氏のマンションにお泊まりしたのだという。併せて、“子連れで出入りする姿を見た”というマンション住民の証言なども掲載されている。

■前田敦子の個人事務所は「事実無根です」とコメント発表も……

「同誌の取材に対し、前田の個人事務所は≪事実無根です≫と回答していますが、離婚からわずか3か月での新恋人報道に、ネット上では“もう!?”“あっちゃん、さすがに早すぎないかな?”“これはアカン”“節操がない”と辛らつな声が続出。彼女が親権を持つ2歳の息子のこともあり、“お子さんは誰がみてるの?”“息子のことを第一に考えてあげて”“遊ばれてるだけじゃ…”といった心配の声も上がっています。

 前田と勝地の離婚理由として、勝地側の“DV”や“飲み歩き”が取り沙汰されましたが、今回の報道が事実ならば前田のイメージダウンは必至。今後の女優業にも影響が出ないとよいのですが……」(女性誌記者)

 シングルマザーとなってからは、メディアを通じてさまざまな子育てエピソードを語ってきた前田。6月8日深夜放送のラジオ番組『TOKYO SPEAKEASY』(TOKYO FM)に出演した際には、旧知の仲である池松壮亮(31)から“チビ(子ども)とか、地方ロケのときどうしてるの?”と問われ、“今は保育園に行っているから、ルーティーンがあるから…そこは母が協力してくれているかな”と返答したほか、“子どもに対する接し方は余裕がすごく必要だなと思うから、余計な時間を作って見守る時間をちゃんとたっぷり取っている”などと話していた。

関連リンク

  • 8/3 13:23
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます