木村佳乃、世間から嫌われないのは夫・東山紀之の正しいプロデュースのおかげ

拡大画像を見る

 7月28日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演した木村佳乃が、驚きのズボラ飯を明かして反響を呼んでいるようだ。

 この日の放送で、お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイから自分1人で食べる時の“いちばんの手抜き料理”はどんなものかと質問され、木村はいきなり「ちょっと行儀悪いんですけど、お鍋から食べますね」と返答。続けて「前の日のお味噌汁にご飯を入れて、ちょっと煮詰めて、卵を入れて、昆布かなんかちょっと入れて、鍋ごと。それを立ったまま食べてます」とケラケラ笑った。さらに料理中も「揚げ物しながらさっさと1人でビール飲んでます」と言い、娘2人からいちばん人気の高いから揚げを作る時も「から揚げ、熱いじゃないですか。それでビールかなんか(昼間から)飲んじゃって。あたかも飲んでないみたいに(隠して)」と、プライベートを赤裸々に語った。

「木村は2017年4月28日放送の『あさイチ』(NHK)に出演した際、夫の東山紀之から『バラエティ、女優、歌手とやっていくなら、全部全力投球でいけ。やるなら芸人さんと一緒になってやって、それができないなら出ないほうがいい』と厳しく言われたと明かしていた通り、どんな番組に出演しても全力投球しているのが視聴者に伝わってくる稀有な芸能人と言えるでしょう。だから木村に親近感を抱く人はいても、批判する人は非常に少ない。そう考えると、東山は木村を正しくプロデュースしている名プロデューサーと言えるかもしれません」(女性誌記者)

 ジャニーズタレントの嫁になると世間からの風当たりが強くなるものだが、結婚前と同様に天真爛漫なキャラがウケている木村。今度はどんな全力投球を見せてくれるのか。

関連リンク

  • 8/3 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます