長嶋「聖火リレー悲願」達成で急転!松井「WBCで日本球界復帰」の裏交渉!

拡大画像を見る

 スポーツジャーナリストの吉見健明氏が涙ぐみながら、こう賛辞の声を送る。

「長嶋さんの聖火ランナーは長年の悲願。それが実現したのを見た瞬間は、胸が熱くなりました。96年のアトランタ五輪で、パーキンソン病に侵され震える手で聖火台に立ったボクシングヘビー級王者のモハメド・アリ氏の記憶が呼び起こされる演出で、心なしか世の中の五輪開催反対派の声も少なくなった気がします。今回の聖火ランナーをモチベーションに苦しいリハビリ生活を送っていたのでしょう。長嶋さんほど五輪に思い入れのある人はいませんからね」

 東京五輪の開会式で一番のサプライズだった。無観客の国立競技場のトラックに現れたのは、巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(85)その人だった。傍らには、「ON時代」を築いたソフトバンクの王貞治球団会長(81)。そしてミスターを抱えるように温かく伴走するのは、松井秀喜ヤンキースGM特別アドバイザー(47)だった。

 時間にしておよそ2分弱と短い時間だったものの、次に控える医療従事者のランナーに聖火を届けて表情を一変。五輪仕様の赤ブチメガネから“ミスタースマイル”を見せてペコリと一礼。スタンドから聞こえる関係者の拍手を見届けて、静かに退場したのだった─。

 水面下で進められてきた東京五輪での「サプライズ」についてJOC関係者が明かす。

「当初は、ONによる聖火ランナー案が既定路線として進んできました。ところが、東京五輪の開会式を巡って、演出案が二転三転した経緯がある。結果的に予算不足に陥ったオリンピック委員会が苦肉の策として、多額の予算のかかる開会式そのものを縮小する代わりに、聖火ランナーでのサプライズ枠を用意して、開会式の華を添えようと考えたのです。その結果が、最終ランナーの大坂なおみの登場であり、松井秀喜の伴走プランだったわけです」

 松井に白羽の矢が立ったのは今年に入ってから。当初、スケジュールを理由に辞退の意向を示したというが、大物たちの説得で外堀を埋められて参加を承諾することに…。日本中を感動に包んだ球界の国民栄誉賞トリオの聖火リレー。そんなサプライズ演出の裏では、「松井日本復帰計画」が練られていたというのだ。

 8月3日発売の「週刊アサヒ芸能」8月12・19日合併号では、WBCを松井の日本球界復帰の試金石とする動きと、ミスターの過酷なリハビリの模様についても識者のコメントを添えて詳報している。

関連リンク

  • 8/3 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 大阪さんの聖火ランナーを否定はしないけど、やっぱり最終ランナーは長嶋さんにして欲しかった。個人的意見です。

記事の無断転載を禁じます