篠原涼子は4年前から“離婚秒読みスタート”!?芸能美女5人「悪魔の男運」実態

拡大画像を見る

 05年に年の差婚が話題になった女優の篠原涼子(47)と市村正親(72)。おしどり夫婦とも呼ばれた2人は、報道各社宛に連名のコメントを書面で送付し、7月24日に離婚を発表。08年に長男、12年には次男が誕生し、順風満帆な夫婦生活を送っていると思われていたが…。実は4年前から離婚の準備は始まっていた。テレビ局関係者が話す。

「17年に放送された主演ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の撮影現場で子供の話を振ると『市村が(面倒を)見ているから』と任せっきりな感じだったんです。それに篠原さんの表情はウキウキしていることが多く、スタッフの間では冗談交じりに『夫婦仲がよくないのかも。別のオトコがいたりして』と話題になっていました」

 この頃から離婚に向けたカウントダウンは始まっていたようで、立て続けに仕事を入れるようになった。

「翌年の18年は映画が3本公開され、舞台『アンナ・クリスティ』でも主演を務めています。19年も主演映画『今日も嫌がらせ弁当』(ショウゲート)が公開され、昨年は連ドラ『ハケンの品格(第2シリーズ)』(日本テレビ系)、NHK朝ドラ『おちょやん』に出演するなど、大忙しです」(前出・テレビ局関係者)

 深夜まで飲んでいる篠原の姿がたびたび目撃されるようになったのも、4年ほど前からだという。18年には「女性セブン」が焼き鳥店の個室で年下のイケメン2人と会食する様子をスッパ抜き、昨年8月には「女性自身」が別居を報じたことで離婚間近とみられていた。

 だが、篠原の一方的な思いで離婚に向けて舵を切ったわけではなさそうだ。

 8月3日発売の「週刊アサヒ芸能」8月12・19日合併号では篠原をはじめ、本田翼、小島瑠璃子、テレ朝・斎藤ちはるアナ、山本舞香の「悪魔的」な男運の悪さについてレポートしている。

関連リンク

  • 8/3 5:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます