飛騨高山の伝統工芸「一位一刀彫」 天然木のスマートフォンケース

拡大画像を見る

ゲーミング機器および雑貨などを扱うMSY(東京都杉並区)は、「GRAPHT(グラフト)」ブランドから、天然木のスマートフォンケース「Real Wood Case」を2021年7月30日に発売した。

4つの素材から選べる

飛騨高山(岐阜県高山市)の伝統工芸「一位一刀彫(いちいいっとうぼり)」を天然木に施したハンドメイド。高級家具を製作するために長い期間をかけ乾燥および熟成させた天然木を使用。ストローを重ねたような構造によりクッションのように衝撃を和らげて端末を守る。

温度や湿度によって伸縮する無垢材の性質を理解し試作を重ね、スマートフォンの形状に沿わせたケース設計にこだわった。また精油成分による心地よい香りをまとっており、リラックス効果があり常に携帯することで心身ともにリフレッシュできるとのことだ。

アップルのiPhone 12/12 Pro向け、ソニーのXperia 1 II向け、Xperia 1 III向けの3モデルを用意する。

ラインアップと価格は、濃い色合いでオイルの仕上げが良い「くるみ」、経年変化により飴色に変化するという「いちい」、淡い色合いと美しい木目の「さくら」が各2万6400円(税込)、複雑な木目の表情の白く薄い色に藍染めが映える「かえで」が3万1900円(同)。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 8/2 16:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • あきひろ

    8/2 17:17

    巨大スマホばっかりやん。

記事の無断転載を禁じます